フリーおっぱい騒動!女子高生お触り自由の動機に批判殺到

未成年者のお馬鹿が破廉恥行動で捕まりました。

「おっぱい触りたい放題!」

東京都渋谷区道玄坂のハチ公前広場で、「フリーおっぱい」と記載されてスケッチブックを掲げて通行人に声を掛け、乳房を揉ませていた女子高生が書類送検された。

東京都迷惑防止条例違反(卑猥な言動)の疑いで警視庁生活安全特別捜査隊に書類送検されたのは、私立高校生1年の女子高生(16=千葉県船橋市)と公立高校に通う3年の男子高生(18=神奈川県相模原市)だそうです。

さらに動画撮影したとして、映像制作会社の会社員の男性(23=三鷹市)が、東京都迷惑防止条例違反の幇助(ほうじょ)の容疑でこの三人が書類送検された。

2018年1月28日午後6時半頃、ハチ公前広場の電車「青ガエル」付近で、バニーガール風衣装の格好した女子高生が通行人たち男女約20人に胸をモミモミ揉ませていたとのこと。

また、その模様を男子高生が一眼レフカメラやスマホで撮影したというのだから呆れます。

中にはブラに手を突っ込み、指で乳首をまさぐった「不埒者」もいたという。

女子高生は昨年11月に投稿され、ネット上で炎上した「フリーおっぱい」を真似しようとしたとのこと。

目的は、女子高生によると、動画の閲覧回数を増やして広告収入を稼ぎたかったのと有名人になりたかった!というような供述しているそうです。

アクセス回数を上げるために後先を考えない高校生はおバカさんたちですね。

そこまでしてお金が欲しいのか。強要されたわけではなくて、自分からこんな事をやろうとするなんて…。

女子高生が男子高生に「今度、面白いことを一緒にやろうよ」と持ち掛け、女子高生が男子高生に「フリーおっぱいはどう?」と提案したそうです。

援交やらJKビジネスやら自分を安く売りすぎです。何やっとるんだ?

アホすぎるがゆえ自分の価値がわからない愚か者がこういうことをするのでしょう。

女を売りものにして、「自由だぁー」と本人は叫びたいのかもしれませんが、同じように思われては他の女性たちは迷惑なだけです。

通りがかった通行人の男女60人が、ピンク色のトレーナーの上からおっぱいを揉みしだそうで、揉むほうも同罪でしょう。

お調子者たちの中には、胸に顔をうずめる者やブラジャーの中に手を入れる人までいた。

高校生2人はその動画がネット上で叩かれ、“犯人捜し”まで行われていたことを知っていたのに行動した。

炎上しても、閲覧数が稼げれば何しても構わないという思考回路はアウトでしょう。

バニーガール衣装なら、ウケ狙いになるという浅はかさには笑えます。

また、サムネイル画像を作るために一眼レフカメラをつかっていたそうです。

今回、発覚したのは、渋谷署員が防犯カメラ画像を確認していたら人の群れを発見したそうです。

警察官が現場に到着するときには、「フリーおっぱい」は終わっていて撤収作業をしてすぐさま職務質問と任意同行して事情聴取しました。

警察官の迅速な対応によって、最終的に動画投稿を防げて良かったです。

万が一、動画が投稿されていたら、世界中に日本の恥さらしとしてネット上で拡散され、未成年者の顔やハレンチな動画が世間にさらされるところでした。

動画サイト側が規制を設けない限り永久的に減らないだろう。

そのため、みせしめのために立件と公表したのかもしれません。

バカな模倣犯が出現しないでほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です