新型ポロの評判!フルモデルチェンジのコンパクトカー最新情報

VWのカジュアルなコンパクトカー「ポロ」が約8年ぶりのフルモデルチェンジを受け、3月2日から先行予約がスタートしました。

全体ボディが広がり、ワイド&ローのスポーツタイプの形状に進化しています。

今回のポロは、VWがコンパクトカーの今までの定番を改革するような最新モデルにあたいします。

新型ポロはVWの中でも最新のMQBプラットフォームを搭載しています。

ボディサイズは全長4,053×全幅1,751×全高1,446mmになります。

前タイプと比較すると、欧州参考値では81mmの増長して69mmの幅増になりながら、7mmの低いシルエットになりました。

今までのポロの歴史を振り返ると、とても拡大したイメージを持つでしょう。

一方で、親類みたいなゴルフのサイズが4,265×1,800×1,480mmになります。

しかも、ポロはホイールベースを94mmも延ばして2,564mmになったので、後部座席にゆとりが生まれて快適な空間を楽しめます。

さらに、ラゲッジスペースを有効活用しないのはもったいないです。

デザインはとてもスポーツタイプで面白いです

エッジの効いたシャープなサイドシルエットや低くワイドに構えたプロポーションによって、

スリムボディーでスピード感あふれる様相に新鮮さを味わえます。

流線型の水平なフォルムのデザインもそれを強調しています。

車内のインテリアも水平志向ですし、運転しやすいように速度計などを一列に配置しています。

使いやすさを向上。

もちろん、デジタルとテレマティックスにも積極的に採用しています。

また、VWでは新しい世代へのアクティブ・インフォ・ディスプレイも搭載しています。

つまり、ドライビングしやすさが楽しめる喜びを味わいましょう。

欧州では新型ポロがガソリン・ディーゼル・天然ガスという多種多様なパワートレインを採用しています。

日本では新開発の1.0L直3の直噴ガソリンターボを導入するようです。

このエンジンは旧型ポロの1.2L直4の直噴ガソリンターボ(90ps/160Nm)よりも排気量が小型化になりながら、それを超えて95ps/175Nmを発生します。

その結果、今までよりもパワフルかつ効率的に運転できるようになりました。

ポロに乗っていると合理性と効率性を尊重して面白みに欠けるかもしれませんが、他メーカーが出してる街の美観をも損ねるクルマが減って、こういうクルマが増えて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です