覆面パトカー見抜く裏ネタ!高速道路と幹線道路の判別方法

交通機動隊や高速隊の覆面パトカーの主要な仕事は、交通違反の取り締まりです。

走行していると見た目からは普通車との判断するのはほぼ不可能だといっても過言ではありません。

一般車と違って、取り締まる車両は排気量3,000ccを超えるエンジン馬力で瞬く間に追尾と追走されてしまいます。

ではどうすれば覆面パトカーだと判断する方法があるでしょうか。

見分けるコツは覆面パトカーの動き方だといわれています。

 

■覆面パトカーの判別基準

覆面パトカーに多い車種としては、トヨタの200系クラウンがよく知られています。

最近では、排気量3,500ccのエンジン装備した210系クラウンのモデルが走行しています。

そんな覆面パトカーの特徴といえば、ルーフに設置された反転式の赤色灯でしょう。

違反車を追尾するときにフタが開いて出てくる仕組みになっています。

ただし、運転席が高いクルマからは見えますが、乗用車からは確認できず判別不能です。

このため、覆面パトカーは外観からよりも動き方から判別しなければなりません。

第一通行帯を大型トラックの前を隠れながら走行します。

後方から勢いよく飛ばしてくる速度違反のクルマを待機するということです。

ただし、違反車が追い越し車線を飛ばしていっても、覆面パトカーはすぐに車線変更は行いません。

違反車は、真後ろから追い上げてくる自分より速いクルマには敏感。

覆面パトカーは第一通行帯を走りながら違反車との距離を詰めていくのです。

 

■覆面パトカーの待ち伏せ

高速道の覆面パトカーでは、パーキングエリアなどの出口付近で待ち伏せするパターンも多く見られます。

高速道路は集団を形成しながら走っているもの。紛れる集団を待っているわけです。

もちろん、違反車が来ればそのまま追尾します。

一般道の覆面パトカーで多いのが、待ち伏せて狙い撃ちする取り締まるやり方です。

幹線道路の側道などで待ち伏せます。

速度違反の自動車を発見したら即座に追尾走行します。

後ろから追いかけて走行速度を確認するために測定します。

あるいは、本線をわざと徐行運転しながら走行の流れを阻害する覆面パトカーもあります。

我慢できなくなった後続車が抜き去ったあとに追尾するというわけです。

黄色線での追い越しで、その瞬間に赤色灯を回すこともあるようです。

また、最近の覆面パトカーは普通に速度超過して同じ様に走っています。

合流よりも少し手間に停車してたらほぼ覆面パトカーだそうです。

明らかに不自然ですし駐停車禁止の区域です。

5~6台の車列の最後尾で走行車線から追い越し車線に出入り、おかしな車と判断して、追い抜いて走行車線に戻ったらスピード違反と赤色灯。

えっ!どうして?変な動きを避けただけなのに…。

警官曰く「走行車線に戻っても減速していないから違反」ってどういうことなのでしょう。

まさかブレーキ踏んで減速、自然減速ではだめなのでしょうか、今でも疑問を感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です