愛犬の健康食生活の真実!犬に人間の残飯与えてはダメな理由

犬がペットとして昔から人気の頃、犬のご飯といえば人間の食べ残しを与えることでした。

しかし、今の時代の犬は家族の一員という地位なので、、犬専用の食べ物が最適であって、人間の食べ残しを与えるのは危険という考え方が基本になっています。

ところが、人間が食べている食事を愛犬へ与えたくなる飼い主も少なくないようです。

でも、人間の食事を犬に与えるのは絶対にダメです。

どうして犬に人間の食べ残しを与えてはいけないのでしょうか?その理由を検証します。

 

■犬の寿命の

昔はペットや番犬という存在の犬でした。

ところが現在の犬は家族として存在価値を高めている人間が増えています。

そのため犬を外庭で飼育するよりも自宅の室内で人間と一緒に飼育するケースが大半です。

また、ペット保険が充実していたり、犬の医療技術やケアも大きく発展しています。

犬の寿命も大きく伸びているのも事実です。

さらに、犬の食事事情も根本的に変わってきました。

今まではペットに残飯でも問題ないという考えでしたが、犬には犬に最適な食事が必要であることが浸透しています。

そのため犬に合った食事としてドッグフードが品質向上し続けています。

ビタミンミネラルの整った犬用の栄養価の高い食事を与え続けられる時代になりました。

人間の残飯の時代よりも、犬の平均寿命は「7歳以上」も延びたと言われているそうです。犬の生活環境や食生活の改善が犬の寿命に大きく関わっているのです。

 

■犬に人間の食べ残しを与えてはいけない理由

犬に人間の食べ残しを与えてはいけない理由はいくつかあります。

そもそも犬と人間は全く違う動物です。

人間にとっては無害で美味しい食べ物であっても、犬には生命の危険をもたらす有害なものになってしまうことがあります。

ネギ類やチョコレートは、犬に食べさせてはいけないものだと多くの飼い主が知っているはずです。

犬にとって害悪な食品を与えてしまうと、犬は中毒症状や消化不良を起こしてしまいます。

やはり犬には犬の食事を与える必要があるのです。

 

■必要とする栄養素

犬が最も必要とする栄養素はタンパク質です。

その他の栄養素も犬と人間とでは必要な量や内容が大きく違います。

また、塩分、糖分、脂質なども犬と人間とでは必要な摂取量が大きく異なります。

人間が食べる食事メニューは犬には塩分・糖分・脂質のすべて多すぎです。

万が一、このような人間の残飯を犬に与え続けてしまうと、愛犬の寿命を縮めてしまう可能性が高いです。

人間の食事を与えてしまうと塩分過多や糖分過多となることは、犬の高血圧や肥満を引き起こし、その他の病気のリスクも高めてしまいます。

人間が美味しいと感じる味付けは、イヌには健康を害することになってしまうのです。

 

■最後に

最後に、人間の食事は他の動物には不向きだと認識しましょう。

飼い主が愛犬に自分が食べているものを与えたい気持ちはわからない訳ではありませんが、イヌには迷惑なだけです。

しかし、少量であってもやはり人間の食事を与えることは厳禁です。

一方で、タイ産や中国産のドッグフードなんて、何ヵ月も腐らないしカビもはえないものも多いです。

また、ジャーキーだと、人間用は腐るけど、犬用は1ヶ月しても腐らないです。

すべてのドックフードが安全だとは限らないのも理解しとくべきです。

愛犬の健康と寿命を考えるからこそ、食事管理には気を付けていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です