メルセデスベンツの挑戦!Vクラス最新版はアウトドア・旅好き向き

2月2日、メルセデス・ベンツのVクラスに新たなラインナップが増えました。

アウトドア仕様の「V220d マルコ・ポーロ ホライゾン」が登場しました。

名前の由来が気になるところですが、「ホライゾン」とは地平線を意味し、「マルコ・ポーロ」は『東方見聞録』で知られる冒険家です。

アウトドアや旅が好きなユーザーをターゲットにしたクルマなのが一目瞭然です。

今回は特別仕様車や限定車とは違っていて、いつでも購入できる新グレードとして登場した。

「V220d マルコ・ポーロ ホライゾン」は、ポップアップルーフを標準装備しているなど、ファミリー層から車中泊する旅行者までさまざまなニーズに対応しています。

プレミアムミニバンの中でもVクラスの多様性を存分に楽しめるモデルでしょう。

ポップアップルーフが最も目立つ機能ですが、その中にはベッド(長さ2,050×幅1,130mm、最大荷重160kg)のセミダブル程度のサイズには十分満足できますし、さらにリーディングライトも備わっています。

また、最大5人が就寝可能なスペースを確保するためには、フルフラット機能付きの3列目シートとラゲッジルームセパレーターを組み合わせます。

最大5名だとしても全員が大人だと狭いのは否めないので、家族四人なら大丈夫だと思われます。

大人5人は現実的にはやや窮屈かもしれないが、たとえば4人家族なら二段ベッドのような雰囲気で、寝るのが惜しくなりそうな楽しい時間が過ごせそうだ。

エンジンは、ロングドライブが得意な2.2リッター直噴ディーゼルターボ(最高出力163ps/最大トルク380Nm)を搭載。7速ATを介して後輪を駆動します。

座席の機能も優れていて多彩です。

Vクラスでは2列目シートを反転して3列目シートと対面にできるのが特徴です。

今回のモデルでは運転席/助手席も後ろ向きに最大230°回転できるので、前席とも対面できるのは評価されています。

カーテンやブラウンウッド調のインテリアトリム、18インチ・5ツインスポークアルミホイールなどを専用で備える。

それ以外の装備は、V220d(レザーパッケージ仕様)に準じている。

安全装備は、緊急時の自動ブレーキやACC、ブラインドスポットアシストなどを含む「レーダーセーフティパッケージ」です。

他には、ドライバーの疲労や眠気を検知警告する「アテンションアシスト」、

横風に対してブレーキ制御で操安性を高める「クロスウインドアシスト」を装備しています。

価格は846万円。配送はアウトドアシーズン真っ盛りの7月からスタートします。

ガソリン車でこの値段は少し高額だと感じてしまうかもしれません。

ベンツなら安いほうなのかもしれないけど、同じスライドドア車なら、トヨタのアルファードのハイブリッド車の方が多少安いし、燃費も良いです。

どうしてもベンツに乗りたい人におすすめでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です