羽生結弦の感動秘話!金メダルと国旗への感謝する発言に絶賛

フィギュアスケート男子の羽生結弦選手(23)が、ソチ五輪に続いて平昌でも金メダルを獲得しました。

まさに偉業を果たし、日本中が歓声の渦となりました。

二大会連覇はフィギュアスケート男子では66年ぶりともなる快挙を成し遂げました。

さらに銀メダル2位には日本代表の宇野昌磨(20/トヨタ自動車)が獲得しました。

号外が配布されるほど盛り上がったのは他にも理由があります。

実は、日本人2人の日本人が表彰台に立ったのは史上初だからです。

 

羽生は2017年11月にNHK杯の練習で右足首靱帯を負傷し、4カ月のブランク後に今大会に出場しました。

完全な状態ではなかったのですが、怪我を耐え忍んでブランクを感じさせない素晴らしい演技を披露しました。

見事に演じ切って、演技した後には思わず右足を手を添えてるシーンが印象的でした。

右足に感謝する意味を含めて撫でていたそうで、日本人に限らず世界中が、特にフィギアスケートファンは感動したでしょう。

さらに、羽生が日本の国旗を尊重する姿にも感動を呼びました。、もう一つ、ささいな言葉で日本人の心をゆさぶる出来事があった。

 

男子フリー後のインタビューを受けたとき、「国旗。国旗だけ誰か、下に置くことはできない」とつぶやいた声が聞こえました。

そして、羽生は国旗を関係者に手渡した後にインタビューを受けました。

スポーツマンシップもさることながら、謙虚で日本国民の代表としての責任と感謝を忘れていないのは素晴らしいです。

こういう謙虚さや感謝の気持ちを自然に表せるのは、やっぱり人間的にもすごいと思うし、さすがだと思います。

一流のアスリートは普段の生き方にも尊敬の二文字がでているのでしょう。

羽生の国旗に対する敬意、国歌を口ずさむ姿に感動した人は多いでしょう。

まだ若いのに古き良き時代の人みたいです。

金メダル、オリンピック連覇おめでとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です