実質値上げで批判殺到!東京ディズニーランドの年間パスポートの利用条件変更

オリエンタルランドは、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーの年間パスポートについて、ある一定の混雑予想日に使えないようにしました。

他にも利用条件の変更を発表しています。

変更の適用は2018年3月1日(木)からスタートします。

同時に、年間パスポートのチケット料金の変更も公表されています。

 

■■年間パスポートの利用条件

2018年3月1日以降に販売される年間パスポートは、「年間パスポート使用不可日および特別営業時間を除き、利用開始日から1年間、対象のパークに入園できる」と、“年間パスポートを利用できない日の条件を追加しています。

さらに、入園制限中のパークでも年間パスポートを利用することができなくなります

ちなみに、2018年2月28日以前に購入するならば、年間パスポートは入園制限中でも利用できます。

気になるのが使えない具体的な日になるでしょう。

今のところ発表中の“年間パスポート使用できない日”は以下です。

2018年ですと、

8月12・13・14日、

10月6・7・8日、

11月23・24日、

12月8・9・29・30日

 

2019年では、

3月28・29・30・31日、

8月12・13・14日
になります。

2019年の9月、10月、11月については、2018年7月に発表する予定だそうです。

年間パスポートを使えないが記念日や誕生日の方々にとっては、本当にお気の毒です。

年パ所有で遠方から来園される人も相当いるでしょうから可哀想です。

さらに、年間パスポート使用不可日の発表については、1月、4月、7月、10月の月初に年間パスポート販売窓口および東京ディズニーリゾートの公式サイトで3か月分を告知するそうです。

 

■■年間パスポートの料金改定

2018年3月1日に実施される料金改定では、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーの年間パスポート料金が一律で2000円割引になります。

両パークに入園できる年間パスポートについては、4000円引きになります。

●2パーク年間パスポート

大人(18歳以上)/中人(12歳~17歳):9万3000円 →8万9000円
小人(4歳~11歳):6万円 →5万6000円
シニア(65歳以上):7万9000円 →7万5000円

●東京ディズニーランド年間パスポート
大人(18歳以上)/中人(12歳~17歳):6万3000円 →6万1000円
小人(4歳~11歳):4万1000円 →3万9000円
シニア(65歳以上):5万3000円 →5万1000円

●東京ディズニーシー年間パスポート
大人(18歳以上)/中人(12歳~17歳):6万3000円 →6万1000円
小人(4歳~11歳):4万1000円 →3万9000円
シニア(65歳以上):5万3000円 →5万1000円

 

値下げでも何でもないよね。

日割り計算で除外日の16日分引いたら更に1000円くらい引いてもいい計算になる。

年パスを持つメリットが無くなりますね。

こうなると「名前を変えてほしい!」というコメントにも正当性を感じてきます。

『年間パスポート』でなくなりますから(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です