ネズミ捕り現認係のテクニック!動体視力がすごい理由

「ネズミ捕り」は、有人式の速度違反を取り締まります。

警察官が迅速に使いこなして連携する存在です。

所轄の交通課に加えて、交通機動隊の白バイ隊員も神出鬼没で実施するので対処も困難を極めます。

ネズミ捕りには現認係の動体視力がポイントになります。

休日でも道路でクルマを追って訓練をしているといいます。

 

■現認係の高い動体視力

ネズミ捕りは、設定した速度以上のクルマを感知すると現認係のヘッドセットが「ピーッ」と反応します。

次に停止誘導係が、現認係から報告されたきたクルマのナンバーや車種などの情報で違反車を停止させて、サイン会場でキップが切られます。

現認係は、車速測定器の近くに隠れて待機して、ドライバーに見つからないように周りの景色と同色の制服を着たり、死角や植え込みに隠れています。

そこで現認係が優秀な人はものすごい動体視力を持っています。

実際「スピードのあるクルマのナンバーを見極められるはずがないし、計測器の故障を疑って反論と抗議する違反者もいます。

現認係の動体視力はかなり高いので、免れるのは難しいです。

現認係は違反者のナンバー、車種やカラー、同乗者まで把握しています。

そこで、現認係は、計測器だけでなくて、道路でクルマを見張って動体視力を訓練しているそうです。

 

■本音

速度違反を取り締まるのも大事ですけど、速度違反する前にパトカーなどを見せて速度を出させないようにするのも警察官の役目のはずです。

隠れて点数稼ぎして果たして本当に国民のためになるのか疑問を感じます。

そもそも隠れてコソコソ取り締まりなんてしないで、危険な場所に立っているだけでも効き目があるでしょう。

ただボケーっと突っ立っるだけでもある一定の効果はあると思います。

なんか隠れて点数稼ぎして果たしてそれが本当に国民のためになるのだろうか?

隠れてコソコソ罠に嵌る様な姑息なやり方で取り締まるより、ネズミ取りやってる手前に取り締まってますよって巨大な看板出してほしいです。

それでも減速しない車だけ停めて注意すればいいだろし、免許の点数を取り上げることと罰金というのはおかしいです。

スピード違反で事故が起こるのを阻止してほしいです。

そもそもスピード出さなければ良いだけの話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です