平成ノブシコブシの吉村崇が億り人?ビットコイン芸人の大金持ち?

お笑い芸人の平成ノブシコブシの吉村崇が、ビットコインで億万長者“億り人”のひとりだという噂がネット上で流れています。

2月1日に放送されたトーク番組「橋下徹の即リプ!」(AbemaTV)で吉村が出演した際に。投資している仮想通貨について討論していました。

当日の番組では、視聴者から公式Twitterに寄せられた声にこたえる番組進行でした。

コインチェックなどの仮想通貨トラブルの最中、「吉村が億万長者!」とネットで話題になっていましたが、その後どうなりましたか?という質問が番組に届きました。

これについて吉村は、仮想通貨を買っていること、買ったのは3、4年前ぐらいであることを明かしました。

橋下は「それは億万長者コース! 今、国税が、すごく目を光らせているから、絶対に言えないだけ」と返答しました。

また吉村は「3、4年前に買いましたが、少しだけだったので億万長者にはなっていません」とリプライした。

吉村は2016年2月に番組の企画でビットコインを知り、1ビットコインが5万円だった時に100万円ほど投資したそうです。

1BTC5万円時代に100万円投資という事は20BTC購入になります。

昨年末、最高、220万円付いたから売り逃げしてれば4400万円の資産。

今現在なら1900万程度のはずです。

つまり、億り人ではない!と結論だと考えられるのですが…。

ちなみに、いま国税庁が仮想通貨で利益を出した無申告者をターゲットとして調査を開始していると聞きます。

無駄なく大金の所得を保有する聴衆が増えているからです。

雑所得で所得税を、利益から最高税率45%となります。

さらにプラス無申告だと重加算税等の追徴課税が課税されます。

要するに国税庁は無申告者の脱税を狙い撃ちして徴収したいのでしょう。

仮に1億儲けても半分は税金で取られます。

会計や税金の知識不足によって、深刻を忘れて使いまくる方々が多数いるのも事実です。

最終的に税金払えず破産という結末は悲しいですね。

吉村が国税のターゲットになっているのかわかりませんが、本当に3.4年前にビットコインを購入していてまだ保有しているなら国税の監視対象の可能性もあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です