一人暮らし節約術!暖房器具を使う簡単な節電

部屋全体の温度を上げる暖房器具でも、費用がかかって家計に影響を与えるとは限りません。

賢く利用さえすれば、部屋の温度を快適にしながら消費電力を抑えることができます。

冷暖房のエアコンやヒーターを使うときには、節電を意識した使用がおすすめです。

 

●停止するよりも温度設定で節電

エアコンの場合、運転スタートするときの電気消費量が最も高いです。

そこで、停止ボタンを押して運転をストップするより、温度を1度下げましょう。

夏の冷房の場合は、1度上げるだけです。

この方法で温度調節をすると、約10%の節電になります。

 

●暖房器具の風向きは「下」

足元が温まる暖房器具を使うのは賢い節約方法の一つです。

暖かい空気は上にたまりやすいからです。

ヒーターの温風を下向きにして、部屋全体の空気が循環するように調整してみましょう。

 

●カーテン使うのも大切

冬の寒い頃には外気との差が出やすいです。

暖房器具を使用するなら、カーテンを使うのもわすれないでください。

窓ガラスは温風の空気を冷却してしまいやすく、窓を閉めていても部屋の温度が上がりにくいです。

部屋の温度をさげないために、冬用カーテンを使用し、窓が隠れるほどの丈が一押しです。

 

●こまめに掃除

暖房器具をこまめにお手入れすると節電できます。

一人暮らし生活だと、フィルターなどの掃除が手間で忘れてしまう人が多いでしょう。

しかし、フィルターが汚れていると、電気代の消費量が上がってしまいます。

フィルターの目詰まりはエアコンに負荷を与えて、節電できないうえに異臭や水漏れなどが発生する恐れもあります。

 

●室外機をチェック

室内を暖めることを考えていると、屋外の確認をおろそかにしてしまいますが、節電にはポイントになります。

室外機に雪が積もったりすることでも、部屋を暖める暖房器具効果が低下します。

また、室外機周辺に置物や植木鉢などをおいていると、吸排気効果が低下してしまいます。

その結果、どうしても電気代をどんどん使ってしまいます。

 

●部屋の湿度も必要

暖房器具で部屋が乾燥してしまうと、暖めているつもりでも温度が上がらないと感じてしまうことがあります。

そんなときには、ついエアコンの設定温度を上げてしまうことにもなります。

そこで、加湿器も併用させることもいいかもしれません。

加湿器の使い過ぎは、結露のもとになりますが、部屋の適度な湿度があると暖房器具効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です