冬の節約術!一人暮らしの暖房器具のコスパ選びの秘訣

快適な部屋づくるために、夏はクーラー冷房、冬の寒さには暖房器具が必需品の家電です。

分かっていても、一人暮らしすると、電気代が気になることもあります。

そこで、これから一人暮らしを始めるなら、ぜひ早めにチェックしたいのがコスパのいい暖房器具です。

暖房器具にもいろいろな種類があります。

家族と一緒に暮らしているときには、あまり気にしなかった光熱費も、一人暮らしとなればそうはいきません。

そこで、暖房器具の種類によって、どれほどの費用が必要になるのか検証してみました。

 

■■「電気」「灯油」「ガス」が暖房器具

暖房器具の熱源は、大別すると3種類に分類できます。

暖房器具は、お店によって多少の値段差があるかもしれません。

一方で、光熱費となると一人暮らしする地域の電力会社に応じて、電気の単位や光熱費が違います。

そこで、暖房器具の熱源種類に分けて、大まかな目安となる光熱費の目安を考えましょう。

ここでは、6~8帖の部屋の広さに、1kWh当たりの電気代の基準値を設定する上で2016年平均価格の約27円として計算してみます。

 

●ガス

アパートではガスを暖房器具として使う人は少ないかもしれません。

しかし、ワンルームマンションの物件になると、特に一人暮らし用ですと、ガスを使用した暖房器具を使えるケースもあります。

2016年10月の東京ガスの料金を見てみると、20~80立方メートルで、約109円/1立方メートルです。

1時間あたりのガス代は、約21~22円となり、1時間の電気代を加算すると、22~23円でガス式のファンヒーターを使用することができます。

 

●電気

11月から3月までの期間に、エアコンの暖房器具を使用するとします。

5か月間、1日16~18時間使用する場合の消費電力は、約660kWhになります。

これを、1時間の電気使用量として計算すると、約6~7円という計算になります。

暖房器具の代表格として思いつくのは、「こたつ」や「ホットカーペット」です。

実際の寒さが増してくると、併用利用している人も多いです。

こたつの場合の消費電力は、500~600Wなので電力は控えめで、1時間あたり5~6円程度です。

ホットカーペットの場合は、家具のある場所には敷かないため、450Wの3帖サイズを使用したとすると1時間の消費電力は約12円となります。

他には、セラミックヒーター、電気ストーブやオイルヒーターを使うと、強度を高くして使用する消費電力は、1200Wくらいです。

消費電力は他よりも高めになるため、1時間あたり30~32円の計算になります。

電気ストーブ、セラミックヒーターやオイルヒーターは、経費がかかるというイメージが強くなります。

 

●灯油

灯油を使用するといえば、「石油ストーブ」です。

暖かくなるうえに、湯沸かし器の代わりになるし、料理にも使えたり、まさに暖房器具の王道です。

しかし、灯油を飼うときには時間と労力がかかると思ってしまうこともあるかもしれません。

家庭用石油ストーブのタンクは、3.7Lサイズで使用時間は17時間です。

これを1時間に計算すると、約14円になります。

また、石油ファンヒーターを愛用すると、灯油代と電気代のどちらも出費します。

使い方によって消費量がぞうげんしますが、最大値の使用で約29円になります。

つまり、石油ストーブの2倍ほどの費用になります。

 

■■一人暮らしの光熱費の相場

部屋のサイズによって、ワンルーム1Kか1DKでも光熱費の違いはあります。

おそらく平均すると5,000円~1万円が光熱費の相場だそうです。

夏と冬の冷暖房設備を頻繁に利用するときには、1万円を超える人もいるようです。

冬の暖房器具使用量が含まれているので、と料金表を確認するのをおススメします。

注意を払っていないと、家電の節約を忘れがちになります。

数百円でも節約できれば、年間使用量も変わってきます。

 

■■一人暮らしでお得な暖房器具

暖房器具も慣れたものを使用できればよいのですが、お住まいになる物件によって暖房器具も変わります。

大学生の一人暮らしに多い物件の場合には、オール電化になっていることも増えていますが、キッチンではガスを使用していることもあります。

安全や管理を優先するならば、電気を使う暖房器具がイチオシです。

暖房器具を電気の消費量で安価なものを挙げると、「こたつ」「エアコン」「ホットカーペット」「セラミックヒーター」となります。

「オイルヒーター」や「石油ファンヒーター」「ガスファンヒーター」などの暖房器具は、電気代+灯油・ガス代が必要になるので、プラスアルファの費用を見積もる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です