デートは不倫?配偶者が他人と付き合うと離婚原因?

デートしていることを理由にして離婚は容認されるのか、慰謝料請求できるか、民法上ではどのように取り扱われているのかを解説します。

 

■デートは不貞行為?

デートが不貞行為に該当するのかしないのかに関して、結論から申し上げると法的にはデートしただけでは不貞には該当しません。

不貞行為について、最高裁判所の判例に示されているだけで具体的には民法には全く書かれていません。

デートだけでは性的な関係だと断定できませんので、「配偶者への不貞行為」には該当しません。

今のところ判例では不貞とみなされないです。

今回の争点は、デートが原因で離婚は成立するのでしょうか?ということです。

「デートを理由にして離婚話をまとめられるのか」「デートが離婚原因に該当するか」

という二点を分割して検証する必要があります。

 

■話し合いの合意だけでも離婚成立

大前提として、双方の示談や話し合いで離婚(協議離婚・調停離婚)に至るなら、離婚原因は無関係です。

たとえば、あなたが「知らない女性と隠れてデートするのは認めたない!離婚よ!離婚よ!別れて!」と強気で攻めても、夫が妻の離婚要求に合意するのなら、あっさり離婚は成立します。

離婚原因に当たらないから離婚請求しても意味がない!と決めつける必要はありません。

夫が離婚に納得するようにさまざまな傾向と対策を実践しながら話してみるのは悪くはないです。

 

■離婚裁判では離婚原因が必須

夫が全く離婚に合意しない場合には、デートが離婚原因に該当するのか否かが争点になってきます。

離婚原因に該当するなら、夫が離婚を拒絶したとしても裁判離婚を認めてもらえる可能性が高いです。

ちなみに、民法上の離婚原因の基本として「婚姻を継続し難い重大な事由」という規定があります。

もしデートが離婚原因だとするなら、「婚姻を継続し難い重大な事由」を理由にするしかないです。

しかし、これはかなり難しいでしょう。

「婚姻を継続し難い重大な事由」とは婚姻関係が完全に壊れて回復の見込みがないことを差します。

別居のような客観的婚姻破綻の事実がポイントになります。

デートがこれに該当するというのは、かなり無理があります。

 

■慰謝料

これとは別に不倫慰謝料請求の場面でも、不貞行為のあるなしが争点のポイントになります。

もっとも不貞行為は不倫慰謝料請求の絶対的な要件ではありません。

しかし、肉体関係を立証できなければ慰謝料をとるのは難しいのが現状です。

もっとも、度を越した親密な交際があったこと等を証明できれば、慰謝料が認められる余地が出てきます。

でも、結婚は、あくまでも男女を法律で縛るだけの契約と決めつけるのは言い過ぎかもしれません。

でも、結婚すればパートナーの心まで束縛はできません。

不倫を推奨するわけではありませんが、結婚だけが男女の幸せと決めつけるのはズレているでしょう。

結婚しているパートナーの公認があれば、ある程度は許容範囲なのかもしれません。

さまざまな意見があって世の中は面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です