コインチェックの失態!仮想通貨NEM580億円の窃盗後の問題

仮想通貨の取引所の一つ、コインチェックでNEMの仮想通貨が580億円分盗まれて話題になっています。

問題なのがその後どのような展開に発展するのかということです。

ビットコイン以外の暗号通貨をすべてアルトコインと言います。

アルトコインの中でもあまり有名ではない仮想通貨を現金に換金するのは簡単ではありません。

誰かが仮想通貨を希望の現金で受け取ってくれない場合、現金化できないということになります。

ビットコインであれば、ビックカメラやHISやDMMなどで使えます。

一方で、NEMはビットコインほど評判高い仮想通貨ではないので、店舗で利用できるところは今のところないです。

つまり、コインチェックなどの仮想通貨取引所で、ビットコインや現金に交換するということになります。

また、仮想通貨の利点の中には、送信元と受信先にどれほどを送受信したのか時間の履歴も残っています。

要するに、NEMが盗まれた足跡を確認できるというわけです。

そこでNEMの開発会社は、仮想通貨を盗んだハッカーの口座にチェックマークをつけたそうです。

仮想通貨取引所はこのチェックマークついているNEM口座では取引しないということで、犯人が盗んだNEMを使えないように対抗処置を施しました。

さらに、盗んだ口座から他の口座にNEMを送信したときにも送信先の口座にチェックマークつけるというシステムが自動化しています。

早急な対応策によって、これらのチェックマークがついたことで盗まれた仮想通貨を現金化できなくなっているとのこと。

さすがに技術者の腕前には高い評価が集まっていいますし、窃盗犯は二進も三進もいかないままでしょう。

仮想通貨取引所がハッキングされてしまうのは想定内でした。

近い将来の時間の問題なのが分かり切っていたのですが、仮想通貨の取引で売買する人は増えています。

会社員として働くだけでは億万長者になるのは不可能です。

人生の一発逆転を狙っている人は、しっかり調査しないで仮想通貨を購入してしまうケースも多いです。

今回の580億円の盗みは最大級の盗難事件なのですが、ハッカーたちは一切の証拠を残さないで逃げ切ることだってできました。

要するに、窃盗犯はハッキングするために50億円ほどの費用を使ったしても盗んだ額のほうが大幅に上回るわけです。

どうしても仮想通貨取引所のセキュリティコストが高額になってしまうのは当然なのでしょう。

ところが、仮想通貨の取引所は、ある程度のプログラミングできるならば比較的に簡単に設立できます。

最終的には取引手数料の低価格を競い合うことになります。

手数料が安価になるほど、コインチェックのような新しい会社はセキュリティ対策にまわせる資金が少なりやすいです。

ハッキングされる危険度も高まるという結果になります。

やはり、何事もきちんと調べないで手を出すと痛い目にあうということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です