都内で職務質問されやすい身なりと特徴

職質する側の警察官には各自治体ごと、つまり警察署ごとに職質対象者用のマニュアルやルールが存在しています。

例えば、東京都千代田区エリア。2008年の秋葉原通り魔事件以降、ちょっとでも怪しそうであれば職質するように徹底されています。

そして、警察に職質されやすい外見的特徴には理由があります。

 

■職質の基準は身なり

警察が職質する人の条件の一つとして、服装や目つき、つまり身なりと目の動きで見極めます。

そして、身なりで標的にされるのが「アーミー服」「バンドマン」のような人間です。

いずれにしても、職質されやすい見た目には共通項があります。

ミュージシャン・バンドマンというのは、当たり障りのない言葉です。

警察官が目をつけているのは、金髪や茶髪や長髪で目元や頬が痩せこけていると、薬物所持の疑惑を持つことになります。

また、自動車なら「高級車でありながら汚れていて物にあふれていてだらしない車両もターゲットになりやすいです。

なぜなら、マリファナや覚せい剤などの薬物で心が乱れて精神錯乱していると考えられます。

また窃盗車として嫌疑がかけられるからです。

さらに、自分のクルマではないので乗り捨てるつもりだったり、車検整備にもだせない窃盗車の疑いがあるからです。

 

■職質されやすい外見的特徴

職質対象になりやすい外見的特徴はいろいろあります。

「サングラス、帽子とマスクは窃盗犯の典型的なアイテムです。

迷彩柄の服とアクセサリーは殺傷力ある武器など危険物所持の疑いがあります。

「大きめのバッグ」は危険物所持と住居侵入の嫌疑があります。

さらに「長髪あるいは金髪」はフリーター生活であると同時にサラリーマンでないのは明らかです。

痩せこけて目にくぼみができるときは薬物を常用している可能性が高いです。

また、上下の服の季節感がバラバラ!こんな服装も薬物常用が疑われます。

後は職質で相手の不審点を探っていくわけです。

実際、千代田区内を彩柄の服装で大きなバッグを持って歩いていたら、まっ先に職質の対象になるそうです。

大きなバッグを持っているだけで、高確率で職質されるといいます。

実際、千代田区内ではナイフ・カッター・エアガンのような武器系統が職質で発見されることも多いそうです。

「ロシア大使館」「中国大使館」「韓国大使館」をウロチョロしてたら飛んで、やって来ます。

都内で他府県ナンバーの車は、ほぼ止められるというのもまんざらでもないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です