大雪でも出社は拷問?社畜サラリーマンの悲しい現実

2018年1月22日、関東を中心に歴史に残るほどの大雪が降りました。

交通機関が大混乱になったのは予想通りでけが人や事故も多発しました。

日本航空や全日空は22日午後に羽田空港に到着する一部便を欠航したり、NEXCO東京によれば、東京アクアラインなどの高速道路も一部通行止めになるおそれがある。

また、路面凍結により、電車の遅延が発生するおそれがあるなど交通機関に影響している。

 

■雪の帰宅困難

関東の都市部で大雪になると、電車通勤しているサラリーマンが路頭に迷うケースが多いです。

この大雪により、多くの人が電車やバスなどの交通機関に殺到すします。

帰宅ラッシュ時では、ただでさえ満員電車になっているにも関わらず、さらに人が密集します。

タクシーやバスや電車に乗るために行列ができてしまいます。

そして、帰宅困難者の続出がお決まりにのパターンになっています。

天気予想で大雪警報なのがわかっていながら、それでも出社するのが日本のサラリーマン!?

各種SNSでは「帰宅困難者になるけど頑張って会社に行ってきます。」

「帰宅できなくなるかもしれないけど満員電車に揺られて出社します」などの悲哀な声が数多くあがっています。

雪が降り始めた昼頃なのに昼なのにすでに帰宅困難者がトレンドに入っているとはサラリーマンの悲しい使命なのでしょうか。

まだ電車が雪の影響でてないのに、帰宅困難者がトレンドに入ってる時点で、日本の闇が見えるかもしれません。

気象予報士とかが、夜がピークと言ってるのに、日本企業の大半はきっと定時までいや残業もさせて、帰宅困難者が出るのを考えると悲しくなってきます。

帰宅困難者になるのが分かっていても会社にいかなければいけない悲鳴には日本の闇を感じます。

 

■帰宅困難を免れる方法

帰宅困難を避けるために「出社しない!」と選択をする人もいるが、なかなかそうはいかないのが現実。

交通機関で混雑に遭遇しないよう準備するのが望ましい。

気象予報・防災に関する情報を発信しているツイッターアカウントをフォローするのが効果あります。

「東急東横線運行情報」「小田急線列車運行情報」「東京メトロ千代田線運行情報」など、ご自分が利用する交通機関の運行状況を知るために、ツイッターアカウントをフォローするのも有効です。

 

■雪の日に出社は異常!?

ダイヤの乱れで電車に乗れず、帰宅困難者が相次ぐことも予想される大雪。

こういった状況でも出社するサラリーマンやOLに対して「社畜」というが存在するのは残念です。

「雪の日でも会社に行くのは間違っている」と思うけど、出社拒否できないのが日本の闇を感じます。

満員電車に揺られ、帰宅困難に怯えながらも出社する日本の会社員は、真面目なのか「社畜」なのか・・・、それとも「立派なサラリーマン」だろうか。

企業は帰宅難民を想定して早く帰すべき。日本人は働きすぎでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です