駐車監視員が狙う放置車両は?「只今配達中!スグ移動します」貼紙

路上駐車を現認する仕事を「駐車監視員」に民間委託したので、取り締まり強化されています。

駐車監視員が路上駐車に違反標章を貼ることになりました。

ナンバーから判明した車両の持ち主に警察から放置違反金の納付書が届く仕組みです。

駐車監視員制度とはいえ、同じ路上駐車でも駐車禁止チケットが貼られたり貼られなかったり、曖昧で意味不明すぎます。

路上駐車は交通の支障となりますが、違反標章を貼りやすい車のほうが優先されるでしょう。

路上駐車のフロントガラスに「すぐ移動します」などの貼り紙が貼られているのを見かけます。

ただし、これは監視員の格好の標的になるのを忘れないでください。

 

■放置違反金を払わせる理由

路上駐車の取り締まりは、それまでは錠付きの駐車禁止ステッカーを取り付けて出頭させる形式でした。

それが2006年から車両の持ち主に「放置違反金」という新しいペナルティを払わせる形に変更されたのです。

しかし、駐車監視員は違反標章を貼りやすい車両ばかりを選ぶ傾向があるといいます。

駐車監視員が違反標章を貼りにくいと感じる自動車の特徴はどんなものでしょうか。

車監視員が取り締まるのは、運転者が離れてスグに運転できない路上駐車です。

つまり、「放置車両」を狙っています。

運転免許をもっている人間がいないからです。車内またはすぐそばにいなければならないのです。

 

■カモにする路上駐車

「只今配達中」だとか、「すぐ移動します」なんて書いた紙を張り付けておけば、監視員が駐車違反を見逃してくれるだなんて甘すぎます。

監視員は放置車両のステッカーを貼りまくって報酬貰えます。

つまり、運転手の思惑による紙切れごときで路上駐車を見逃してくれるほど“お人よし”ではないです。

「すぐ移動します」は、監視員の格好のカモです。

そのカモになりたくなかったら、甘い考えをスグに捨てて、駐車違反はしないほうが身のためです。

一方で、新宿の歌舞伎町ね区役所通りとかなると、ロールスロイスやハマーやベンツなど、業界の面倒な方々の車が路上駐車しているのを見かけます。

しかし、駐車監視の連中が絶対に対処しません。

本当に違法駐車を監視するのが仕事だと言うなら、本気で駐車禁止のステッカー張るべきです。

面倒な車は一日中の放置車両であっても許されるのですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です