トランプ大統領が毒殺に恐怖!マクドナルド大好きな理由の衝撃告白

マクドナルドのハンバーガーなどのファーストフードが大好きなのは有名な話です。

新著『Fire and Fury: Inside the Trump White House』にはその理由として興味深い内容が記載されていて話題になっています。

ドナルド・トランプ米大統領は大統領になるための選挙運動期間中も頻繁に食べていました。

マックといえば最大手のハンバーガーチェーン店で、大統領の好みの味なのでしょう。

大統領がファストフードの大手チェーンにこだわる背景には、実は“一般人には理解しがたい衝撃な理由”があるそうです。

マクドナルドのハンバーガーが大好きなドナルド・トランプ氏は、
71歳という年齢を考慮すると健康管理には慎重だと思われます。

健康に関することより、大統領にはもっと気になるポイントが二点あるそうです。

その理由として、トランプ大統領が食事に毒物を盛られるのを恐れています。

そんな命の危険を長年感じながらビジネスに集中してきた人生だけあって、トランプ大統領はマクドナルドにこだわっているそうです。

大統領という立場でありながら店舗に連絡しないで、気ままにマクドナルドの店内に入って注文しておもむろに食べることもあるそうです。

SPを引き連れてマクドで食事する光景って面白いですね。

あらかじめ調理済の安全な食品が即時に提供されるので、確かに毒が混入される可能性は低いかもしれません。

トランプ大統領は相当な恐怖心をもちながら生きてきたならば、悪いことをやってきて気の毒に感じます。

また、トランプ大統領はばい菌さえも恐れて有権者や支援者との握手さえ嫌がるほど潔癖症とか。

選挙事務員やホワイトハウスの職員に対しても私物に触れないように命令しているそうです。

特定の人物やグループに狙われているとの思い込みがあるのかは定かではない。

トランプ大統領は、プライベートジェット機にはピザ、ダイエットコーク、マクドナルドとケンタッキーフライドチキン(KFC)の食べ物、が常備されていて気軽に食べれるようにしていたそうです。

ポテトチップスやオレオもいつも配置していて置いていたそうです。

ただし、封をあけてない新品の状態のものだけなのは当然とのこと。

そんな大統領は、過去にこのように話している。

マクドナルドに限らず、バーガーキング、ウェンディーズ、KFCなどファーストフードなら何でも大好きのようです。

別に何を食べてもご本人の自由ですけど、毒殺を恐れてコレステロールまみれのジャンクフードのを選ぶのは流石に本末転倒とのコメントも多いです。

好き嫌いが激しいのは人間のほかに食べ物も同じなのかもしれないし、怒りっぽいのはジャンクフードばかり食べているのが原因なのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です