飲酒検問は警官のポイント稼ぎ?路地裏に逃走しても白バイや警察官が待ち伏せ

飲酒検問は、警察が最もポイントを稼ぎやすいです。

警察官は点数稼ぎのために飲酒運転の取り締まりには徹底して頑張ります。

その結果、飲酒検問にはいろいろなテクニックが積み重なって更新されています。

飲酒検問を実施する検問所は工夫しています。

飲酒検問は大通りを避けるドライバーの心理を考慮してその裏を突く場所で待ち伏せしています。

また、逃げてもトラップを仕掛けていて、別の警官が待機している場合もあります。

 

■飲酒検問は想像の枠を超えた場所

夜間に実施されることの多い飲酒検問は、交通機動隊のほかに自動車警ら隊も単独で検問することがあります。

お酒を飲んでいる運転手を逮捕すると、警察官がポイントを稼ぎやすく、手っ取り早く取り締まりできます。

今月は飲酒取り締まりが少ないからやるか…という感じで、急でも始められるのが飲酒検問です。

取り締まる場所の中でも、幹線道路から1本内側に入った通りが定番だといわれています。

大通りを避けようとするドライバーがやりそうな行動を予測して裏を突いて警察官が待ち構えています。

実際、飲酒検問は幹線道路から路地に入った一方通行や脇道など、逃走経路が決まっていて逃げれない場所や運転手の想像を越えるエリアに罠を仕掛けています。

つまり、幹線道路から入って回り道をして検問を回避したつもりでも、二重の飲酒検問が待機していることは度々あります。

そもそも飲酒運転は一般市民が被害を被る犯罪行為です。

警察のポイント稼ぎがどうであれ関係ないです。

むしろどんどんポイント稼いで悪意のある飲酒ドライバーを退治して欲しいです。

 

■路地に警察官が待機

飲酒検問をする際、警察官が匂いを嗅がせますが、実はそこには裏があるといいます。

飲酒検問では、窓を開けた時に酒の匂いは分かるもの。わざわざ息を吐かせるのは挙動を見るためなのです。

息を少ししか吐かなかったり、吸い込んだり。警察官もそんなに他人の息をかぎたいわけではないのです。

怪しいクルマは飲酒検問前でスピードを落としたり、路地に逃げようとしたり、Uターンしようとしたりと70%は動きで分かるといいます。

そのようなクルマは検問の手前で隠れている警察官がすぐに駆け付けるのです。

飲酒検問しているときは、警察官が2名1チームとなって待機するパターンが基本です。

ただし、近くの見えにくい路地に白バイ隊員や別の警察官が待機しています。

飲酒検問で路地に逃げようとするとスグに取り締まりの餌食になってしまいます。

実際のところ、飲酒運転に対するペナルティーは、まだまだ軽いし甘すぎると思います。

法律、法令の改正を期待しています。

未だ飲酒運転に対する罰則が甘すぎる日本では、

飲酒運転者の車は没収してオークションにかけて税金の足しにでもしてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です