Amazonステマ記事ご注意!アマゾンの偽物レビューを見極める秘訣

ヤフオクやAmazonなどのネット通販では、商品購入する際に参考になる一つがユーザーのレビューです。

ところが、Amazonで購入するときには商品を異様に褒めすぎるステマまがいのレビューが拡散しています。

もちろん、正直の使用感を述べている本物のレビューもあります。

では、どのようにして率直なレビューとステマレビューを見極めれば良いのでしょうか。

Amazonのステマのレビューを見破るコツを徹底検証します。

 

■Amazonレビューに高評価と低評価

【1】高評価と低評価が多い

第一のポイントは「レビューに極端に高すぎる評価と低すぎる評価が多い」です。

異常に高評価が多いうえに、販売会社の所在地が中国ならば注意してください。

さらに、レビューの文面が不自然な日本語ならばなおさら気を引き締めて着目してください。

特にレビューの評価が☆5と、☆1に二極化している商品も危険です。

ステマ商品の可能性が高いうえに、商品自体の品質が非常に低いと考えられます。

低評価のレビューは必ずチェックしましょう。

また、まだ届いてもいないのに、『期待を込めて★5つ』とかいう変なレビューを書いてる人も鬱陶しいです。

せめて使ってからレビューを書けよ…と言いたいです。

買った時点で期待してるのは誰でも一緒です。

知りたいのは実際に使用してからの感想のはずです。明らかにステマだとバレバレで頭悪すぎます。

 

【2】不自然な日本語

Amazonのステマレビューを見分けるコツの二つ目は「不自然な日本語」です。

明らかに日本語がおかしい理由として、中国人の販売業者が翻訳ソフトを利用してレビューを記載しているからです。

明らかに日本語が不自然なレビューの商品には十分に気をつけてください。

 

【3】Amazonレビュー評価を操作

3つめのポイントは「参考価格が異様に高すぎる」商品です。

参考価格というのは出品者が自由に設定できます。

そのため、割安感をアピールするために異常に高く設定する人は疑わしいです。

しかも、参考価格が高いうえに、常にセールを行っている商品ですと、レビュー評価が操作されている可能性が高いです。

書籍でも、発刊すぐに★5つの絶賛レビューが2つぐらい書き込まれてるのをよく目にするけど、あれも関係者やろうなと思ってる。

 

【4】商品タイトルが長すぎる

Amazonのステマレビューを見破る4つめのポイントは「商品名に余計な言葉が多すぎる」ことです。

そもそも商品名の表記はガイドラインで規定されています。

商品名・ブランド名・型番・カラー・仕様の他には記載してはいけないのが規則です。

しかし、検索エンジンのSEO効果を狙ってヒットしやすくするために、商品名の中にキャッチコピーや他社の商標を入れている商品があります。

これらもステマレビューの可能性が高いでしょう。

 

■一押しの商品は?

ステマレビューの商品を避る方法は何でしょうか?

「Amazonが販売、発送します」という表記がある商品がオススメです。

このような商品はベンダーセントラルという呼称されていて、Amazonが業者から商品を仕入れて販売しています。

要するにAmazonのお墨付き商品だと認識してできます。

物販ビジネスの副業している販売業者が乱舞しているマーケットプレイスに比べると、安心して購入できます。

ただし、Amazonが発送でも販売会社の住所を確認するほうが安全です。

中国の業者が増えてます!偽物多い!

トラブル発生したら、Amazonは「当事者同士で話し合え」と言いますけど無理です。

Amazonには出店審査を厳しくしてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です