Amazon返品詐欺の手口!FAB利用した落とし穴

数々のネット通販には利用者が増加しています。

スマホで簡単に購入できて便利ですが、身勝手な犯罪者が横行しています。

いたずらめいた悪さから巧妙なテクニックを駆使した方法もあります。

確信犯が狙ってAmazonで多発しているのが「返品詐欺」です。

Amazonでは無条件返品を受け付ける規約を悪用している詐欺です。

ネットビジネスをしている人は出品するときにはFBAの利用を避けたほうが賢明かもしれません。

 

■FBAを利用した詐欺

Amazonでは、個人事業主が小口出品して商品を売ることができます。

「フルフィルメント by Amazon(FBA)」とというサービスを利用すれば、販売したい商品の保管、注文処理、発送、決済の全工程をAmazonが商品代行してくれます。

非常に楽に見えるこのシステム、実は落とし穴があり、詐欺が横行しています。

Amazonでは商品に問題があった場合は、無条件で返品を受理する規約になっていて、お客からの横暴な返品理由であっても処理してしまいます。

詐欺の犯人はこのFBAのシステムを利用して中身の商品を抜いたり、中古品や海賊品に入れ替えてAmazonに返品してしまいます。

Amazonは返品された中身を未確認のままで、出品者に戻してしまうのです。

 

■返品詐欺が横行

出品者は返品された物品を確認して、ようやく詐欺被害になったのを知ることになります。

返品されてきた商品が別物だとAmazonにクレームを入れても、まともに取り合ってくれません。

警察はどうして逮捕しないのでしょうか?

Amazonはこのことを調査しているのでしょうか?

アマゾンが被害届を提出していないなら、警察は動かないです。

返品されて、なぜ中身を確認しない!というのも理解できません。

根本的に規約を見直さないと、出品者も購入者もやがてはアマゾンから離れるでしょう。

とにかくアマゾンは態度が横柄すぎるし、早急に対策をするべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です