旧型iPhoneの遅くなる原因追求した結果は!

「古いiPhoneの反応が遅い」と感じる人は多いでしょう。

Appleのソフトウェア更新をしていないのが原因の一つだと考えられます。

また、古いiPhoneのパフォーマンスが遅くなるのは、バッテリーの劣化によるものではないかと話題になっています。

そこでソフトウェアを利用する数千のiPhoneから収集したデータを発表しました。

実際にパフォーマンスの低下は、ソフトウェア更新と使い古したバッテリーとの因果関係が強いようです。

端末機器が旧型で、バッテリー容量が低下すればするほど、全体から見ると使い勝手が悪い性能になってしまいます。

例えば、iPhone 6sモデルの所有者が様々なバージョンのiOSで操作すると、iOS 10.2の場合はサクサクと快適な操作性です。

ところが、同モデルで、iOS 10.2.1やiOS 11.2になると、平均以下の動きになることが判明しました。

さらにiPhone 7 モデルでiOS 10.2、10.2.1、 iOS 11.1.2、iOS 11.2の場合にも同様の結果が確認されました。

iPhoneのバッテリーが低下するにつれてソフトウェアによる微調整は行なわれているようです。

消費電力を減らしてバッテリーが急速に消耗しないようにAppleはパフォーマンスを抑制しているのでしょう。

バッテリーの状態の作用にしては、10.2.0 と 10.2.1 の違いは大きすぎるのかもしれません。

ユーザーへの説明なしにパフォーマンス低下が起きて不便をかけているのは問題でしょう。

最新のiOSは最新の端末とセットで利用する事で最高のパフォーマンスを発揮するように調整されているという見方が正しいようです。

旧機種でも最新のiOSは動くけど、最新端末と同じパフォーマンスを発揮するとは断言できません。

またアプリも基本的に最新のiOSの環境で作成しているはずなので、旧機種だとやはり動作が鈍くなるのは仕方ないのでしょう。

Appleが経営戦略の一環として、

バージョンアップすると調子が悪くなるってことはほとんどの人が実感しています。

パフォーマンスを低下させて最新モデルの販促をしているのでは…という意見も挙がっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です