二日酔い原因の飲み方と対策を徹底解説

お酒が大好きな人は飲む機会がどうしても増えてしまうでしょう。

年末年始は飲酒量が自然に増えちゃう!!!

こんな方は朝から飲んでいるなんてこともあると思います。

飲んでいるときは楽しいでしょうが、飲みすぎると二日酔いに苦しむ羽目になる。

。頭が痛くて気持ちが悪くては、せっかくの冬休みが台無しになってしまいます。

そこで、二日酔いになりやすいNGな飲み方を検証します。

二日酔いになりにくい飲み方法で素敵で快適な新年や新年会を楽しんでください。

 

■飲むペースが早い

久しぶりに再会する親戚や友達と一緒に飲んでいると、いつもより早いペースで飲んでしまいやすいです。

会話が弾んで飲んでいると、知らないうちにどんどん飲んでしまって手遅れになるくらい酔っ払うことはよくあります。

早いペースで飲むでいると肝臓がアルコールの処理に間に合わず、二日酔いの原因になりやすいです。

お酒を飲むペース配分を意識するのが大切です。

 

■お酒だけを飲む

空きっ腹での飲酒には気をつけてください。

お酒が好きな人の中には、おつまみを食べるとお酒が飲めなくなるという理由で、飲んでばかりいる人さえいます。

空腹になると、アルコールの吸収する時間が異様に早くなります。

つまり肝臓に到達する速度が短時間なので酔いやすいです。

やめないで飲み続けると肝臓に負担が重くのしかかり、最終的に二日酔いになりやすいです。

お酒を飲むときは軽食やおつまみを食べながら健康的に飲むのをおススメします。

 

■水を飲まない

お酒を飲んでいるときに水を飲むのは大切です。

お酒を飲むときに水をはとても重要な役割を果たします。

お酒を飲みながら、こまめに水を飲んでいると、肝臓への負担が減って二日酔いになりにくくなります。

日本酒の場合、肝臓でアルコールは1時間に0.3合分しか分解できないそうです。

ウイスキーと炭酸水を同時に飲めるハイボールが良いのでしょう。

肝臓の負担を減らすために二日酔いを防止するには、以下の三つを心がけましょう。

・おつまみや何かを食べながら飲む

・ゆっくり飲む

・水を飲む

年末、お正月、新年をを楽しくお酒を向き合って過ごしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です