クレーム対応で職業クレーマーを黙らせる決め台詞と方法

職業クレーマーは商品の欠陥などに無理強いした文句や言いがかりをつけます。

そして、彼らは直接企業に電話したり乗り込んで金品や利益供与を奪おうとします。

これは典型的なクレーマーになります。

このタイプは商品券やお金などを得られた後のクレーマーは、一般的に目的達成して満足するため引き下がる可能性が高いです。

そこで、クレーマーに対応するとき、クレーマーを黙らせる決めゼリフを検証します。

 

■クレーマー対応は監視が重要

クレーム慣れした企業は職業クレーマーへの対応にマニュアルを作成している場合もあります。

「金品をよこせ」というNGワードは明らかに恐喝罪です。

この言葉を引き出すために長時間をつかって、クレーマー対応と威力業務妨害罪に該当するような言動に集中しています。

また、多くの場合、企業にはクレーム対応の担当リーダーには警察OBや専門家が常駐しています。

彼らはクレーム対応のプロとしてクレーマーなど微塵も怖くないそうです。

職業クレーマー vs 企業クレーム担当!という構図は、ある意味、心理戦や駆け引きが展開されています。

「誠意を示せ~!」と言ってくるクレーマーに対して、クレーマー担当者はじっくり腰を据えて「誠意とは何でしょうか?」と問い続けたり、相手の出方を確認しながら適切な返事をします。

あるいは、企業はクレーマー対応を弁護士に相談する方法もあります。

クレーマーには絶対に弱みをみせてはいけません。

油断しているとますますつけ込んでくるのが常套手段。こじれる前に弁護士を前面に出したほうが効率的というわけです。

確かにろくでもないクレーマーがいるのも事実だが本当に欠陥があってこっちに大損害があった場合にのらりくらりと逃げる企業は二度と利用しないけどね。

クレームがひっこみつかなくて暴れてる人を見たことがありますが、何を言ってもおさまらないです。

店は責任者もあやまってたのに、警察きてなだめられて落ち着いてました。

でもなんだか、話を聞くと店は悪くなかったような場合が多いです。

 

■相手を黙らせる方法

クレーマー対応で相手を黙らせる決めゼリフがいろいろあります。

その中の一つが「弁護士の先生と相談します。先生が電話しますので、連絡先を教えてください」です。

弁護士と既に話がついているのなら、弁護士の連絡先を伝えて「今後は弁護士とやりとりしてください。」というのもアリです。

真面目なサラリーマンが、購入した製品に不備があるなどの些細な欠陥から爆発してしまうケースも増えています。

今はSNSでの情報発信が簡単なので、その怒りが瞬く間に拡散してしまうこともよくあります。

注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です