職務質問の所持品検査で逮捕されやすい物品は何!?

職務質問をうけているときに、所持しているだけで不審者と疑われるアイテムがあります。

面倒になるアイテムとは何でしょうか?

知っておいて損はありません、知らないと思わぬ難癖をつけられる可能性があります。

身に覚えのない面倒な疑いをかけられるのも本当に迷惑です。

とくに銃刀法のほかに軽犯罪法も厄介です。

さらに自治体が制定した迷惑防止条例の対象になるようなアイテムには注意してください。

まかり間違って、現場の警察官が単独で判断したことで逮捕されることもよくあるようです。

 

■嫌疑かけられる物品

職務質問では、住居侵入に役立ちそうな物品を所持していると、どうしても疑われてしまいます。

警察側は犯罪予防するのを目的としているので、どうしても仕方がないのも理解できます。

車内にハサミ入れっ放しにしていた友達が連行された事がありました。

ダッシュボードに貼り付けるタイプのナビのモニターのホルダーがよく剥がれて落ちるので、両面テープと一緒に積んでたんだけど、刃物だから駄目ということなので気をつけましょう。

また、職務質問で所持していると面倒になる意外なモノが「マルチツール」のナイフです。

銃刀法の「刃体の長さが6cmを超える刃物を携帯してはならない」という別に、軽犯罪法で刃渡り6cm未満でも狙われます。

「カッターナイフ」は刃渡りが6cmを超えるので危険物扱いです。

刃物を携帯するときには理由が無ければ一発アウト。

所持しなくてはならない場合、持っている理由をスグに伝えられるようにしておきましょう。

 

■ライトの保持も危ない!?

住宅侵入に使われる「マイナスドライバー」は、職務質問ではピッキングツールと同じような扱いです。

ただし、プラスドライバーは大丈夫だといわれていますが事実なのか不明です。

「ヘアピン」もピッキングツール代わりになると見なされ、大量に所持していると疑われます。

職務質問では「LEDライト」や「懐中電灯」も危ないともいわれています。

LEDライトは防災用品として携帯していますが何か問題でもあるの?というご意見はもっともです。

正当な理由がない限り、ライトを携帯していて警察官の判断で署に連れて行かれる可能性があるだんて驚きます。

住居侵入や武器にもなるので危険物扱いです。

夜間帯の「双眼鏡」所持は、住居のノゾキや下着泥棒の下見と疑われます。

なるべく携帯は控えたいところです。

「むき出しのクスリ」も危険。錠剤だけをピルケースに入れておくのも、疑いをかけられやすいでしょう。

ミュージカルとか宝塚観劇を追っかけしながら毎日見ている人は、双眼鏡を持ちまくっています。

夜の犬のお散歩する人もライト持っています。

夜間は無灯で爆走する自転車もいるので、懐中電灯をつけて歩いてたりするんだけど、職務質問に該当する可能性もあるとはちょっと違和感あります。

懐中電灯を持ってるだけで警察署へ連れていかれるなんで警察はよほどの暇なんですね。

未解決事件でも捜査してほしいです。

職質されたことないけど、正当な理由の判断基準が難しいです。

マルチツールナイフ持っていると何かと使いかってがよいです。

5cm未満は見逃してほしいと思いますが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です