iPhone7よりiPhone8を選ぶ理由を徹底解説

「iPhone8」「iPhone8 Plus」がリリースされて、「iPhoneX」とどちらを購入するのか迷うところです。

個人的には、「iPhoneX」がほしいと考えていました。

けど、これから述べる内容を理解すると、iPhone8でもイイかなと思うようになりました。

価格差があまりにも大きすぎるので、予算を考慮する人ならiPhone 8で十分に満足できるでしょう。

 

■カメラ機能が飛躍した

iPhone8のカメラ機能は、かなり技術革新を遂げています。

iPhone8のメインカメラは1200万画素で、F値1.8のレンズを搭載しています。

スペック上はiPhone7と基本的に同じです。

しかし、イメージセンサーを新しく設計しています。

このため、より色彩豊かかつ立体感に優れた撮影が可能になりました。

4Kの60fpsにも対応しているだけあって、次世代のスマホカメラをiPhoneにようやく採用したわけです。

Androidでは若干増えてきた機能ですが、iPhone 8によってようやくiPhoneの歴史に新しい幕が降りたと考えます。

このカメラを使いたいという理由だけでも、iPhone8を買いたい衝動になるのも納得できます。

さらに、iPhone8には様々な斬新な特徴があります。

TrueTone搭載のRitina HDディスプレイは画像の美麗さが半端ないです。

感動してしまうほどの美しい画面をスマホで楽しめます。

IP67規格適合の防塵防滴機能も嬉しい機能です。

水没リスクを避けられる機種がiPhoneのラインナップに遂に入ってくれて大歓迎します。

FeliCaによるおサイフケータイ機能はAndroidに追随する形になったとはいえ、搭載してくれてキャッシュレスサービスに貢献しています。

密かに注目しているにはワイヤレス充電機能です。

そのほかにも、このiPhone 8から魅力的な機能がギッシリ詰まっています。

 

■ワイヤレス充電に対応

ディスプレイ解像度は1334×750ドットと非常に精巧になりました。

さらに、iPad Proに搭載されているTrue Toneディスプレイに対応しているだけあって画質へのこだわりを感じます。

周囲の環境に合わせてホワイトバランスを調節し、常に自然な色合いが素晴らしいです。

目が疲れにくいディスプレイのモデルはスマホ生活の必需品だといえます。

iPhone7から日本でもFeliCaを搭載し、モバイルSuicaが対応しました。

コンビニなどでの支払いが楽になってしまうと、二度と手放せなくなります。

確かに電子マネーをチャージしておくのは心配になるのをわかります。

しかし、本機はIP67規格の防塵防滴に適応していますし、多少水がかかるぐらいは大丈夫なほどタフです。

スマホを使う上で、気になることと言えば充電満タンの過程です。

通常ですと充電器を抜き挿しすることで、端子が摩耗し劣化してしまう原因にもなります。

iPhone8は、国際規格Qi方式のワイヤレス充電器に対応しています。

これのお陰で充電パッドに本体を置くだけで内蔵コイルから給電されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です