ふるさと納税の裏技!楽天ふるさと納税で実質0円以上に利益確定の秘密

税制優遇も受けられる「ふるさと納税」が人気高まっています。

自己負担わずか2000円だけなのが最大の魅力です。

また、全国各地の自治体から様々な「返礼品」を受け取ることができます。

自治体の財政支援ができる上に、自分にも多くのメリットがあるので、年々ふるさと納税への関心度が高まっています。

一方で、始めようか迷っている人もそれなりに多いそうです。

最近では手続きが面倒なのを心配していた方々の中には、「楽天ふるさと納税」を利用し始めています。

ネットショッピングで買い物するのと同じ感覚で完了できるのが評判高いです。

また、楽天ふるさと納税は、手続きが簡単なだけでなくて他にもメリットがあります。

「実質タダ」どころか、利用の仕方次第では「実質0円以上にお得」だと実感できるそうです。

一体どんな仕組みなのだろうか? オトクに使うための方法を探ってみよう。

 

■楽天ふるさと納税が得な理由

実は「楽天ふるさと納税」を利用すると「楽天スーパーポイント」も同時の獲得できます。

楽天ふるさと納税で10万円寄附した場合を想定します。

楽天カードの利用して支払い、楽天アプリの利用(月1回以上)していると、SPU(スーパーポイントアッププログラム)が適用されます。

結果的に、最大で8000円分のポイントを獲得できます。

さらに、ポイントが5倍にすることもできます。

ポイント5倍には事前にエントリーが必要となりますが、5と0のつく日(5日、10日、15日、20日、25日、30日)に寄附すると、最大で1万円分のポイントを得られます。

さらに、楽天が開催するキャンペーンも組み合わせると20倍ほどに跳ね上がるときもあります。

楽天ふるさと納税を賢く活用すると、自己負担分2000円分を瞬く間に相殺するだけでなくて、あっという間に利益確定することも可能です。

また、貯まったポイントで寄附することもできます。

つまり、寄付金の全額をポイントで寄附しても、さらにポイントが加算されるのも面白いです。

 

■ふるさと納税は品切れ注意

税金の控除を受けるには、12月31日までの申込みをすませるのが絶対条件です。

寄附先が5つの自治体までなら、確定申告が不要な「ワンストップ特例制度」も使えます。

具体的な楽天ふるさと納税の寄附の流れは次の通り。

1.寄附上限額を確認する
2.「楽天ふるさと納税」から商品を選んでお買いもの感覚で寄附
3.ワンストップ特例申請書など、必要書類を自治体へ送付

年末に近づくほど、駆け込み需要によって受付終了する可能性もあるのでご注意してください。

手続きでは、楽天ふるさと納税なら楽天会員IDを使って、「楽天市場」で買い物するのと同じようなやり方で寄附しやすいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です