2018年iPhoneは金属製ボディ?高コスパに期待大

「iPhone 8/8 Plus」「iPhone X」ではガラス製の筐体が、久々に復活して話題になっています。

いま手元のiPhone Xを眺めているのですが、やっぱり美しいですよね〜。

2018年の新型iPhoneが登場する際には、6.1インチ液晶ディスプレイを搭載したモデルが世に出ると噂されています。

しかも、その新型には金属製ボディが再び復活するなら大評判になること間違いないでしょう。

 

専門誌の独自調査によると、この6.1インチ液晶ディスプレイを搭載した新モデルには複数色がラインナップされる他、iPhone 7/7 Plusに似た金属製のボディになると発表しているそうです。

こうなると、まるでiPhone 7/7 Plusが再び登場すると思います。

また、今回の報道では有機ELディスプレイ搭載モデルの画面サイズは2種類になると聞いています。

「6.2〜6.3インチ」と「5.8インチ」とではあまり大きさに違いがないと思うのですが…

どちらを選ぶか迷うようなことはないと思うから、モデルを分ける必要があるのでしょうか。

このように液晶ディスプレイや金属製筐体を採用するのはどうしてでしょうか?

その理由は、当然コストカットという意味がありそうです。

そもそもiPhone Xは11万円を超えるほど高値になってしまいました。

ガラス筐体と有機ELディスプレイを搭載したiPhone Xのコストを見直すモデルを出そうとする動きは理にかなっているでしょう。

お買い得なiPhoneを手に入れられるのも選択の幅が広がって良いでしょう。

液晶ディスプレイを搭載した新型iPhoneのコスパには期待したいです。

また、廉価版の端末「iPhone SE 2」も密かに人気も上がっているようです。

液晶ディスプレイを搭載した新型iPhoneもコスパ次第では魅力的かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です