愛犬と一緒に寝るのは良い?悪い?睡眠の質は?

一昔前まで「犬といっしょに寝ることは躾の上で好ましくない」という考え方が主流でした。

しかし最近では犬も室内で飼うケースが増えていて、同じ部屋で寝る人も多いです。

その結果、人間と犬との間で睡眠にどのような影響を与えるのでしょうか。

 

■人間の睡眠と犬の睡眠

いくつかのパターンの組み合わせを比較した結果

愛犬と一緒に寝ることは人間にとって、睡眠の質を高める効果があるという検証結果が出ています。

ただし、質の良い深い睡眠を得るためには犬は同じ布団に入らないで、同部屋の違うベッドで寝るほうが良いです。

犬と同じ布団で寝た場合には、眠りが浅くなったり途中で目覚めるなど睡眠の質が低下しやすいです。

小型や大型犬であっても大きさにそれほど関係ないようです。

同じ部屋で寝るほうがお互いにゆっくり眠れる効果があるとは面白いです。

「犬と人間が同部屋、でも寝る布団やベッドは別々」というのがポイントになるのを覚えておきましょう。

 

■同じ布団で寝ると睡眠を邪魔する理由

同じ部屋で寝るとよく眠れるという研究結果は興味深いです。

ただし、同じ布団で寝るのは良くないというのも重要です。

睡眠の質を考慮すると、別の布団で寝るほうが良い理由はいったい何でしょうか?

第一に、人間とと犬の睡眠サイクルの相違が挙がります。

人間と犬とでは睡眠サイクルが違うのでお互いが邪魔されないように、別々の布団やベッドで眠るほうが良いです。

また、愛犬といっしょに寝ていると、小型犬を潰さないように怖がりながら寝たり、注意を向けていると深く眠れない睡眠習慣になりやすいです。

最悪の場合、睡眠不足や睡眠障害による体調不良や美容と健康に悪影響を及ぼします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です