貴乃花、相撲協会と対立で窮地?花田虎上が心配なガチ精神とは

大相撲の横綱・日馬富士(33)が平幕力士・貴ノ岩(27)に暴行した騒動によって影響が波紋を広げています。

貴ノ岩の親方・貴乃花(45)が相撲協会とマスコミ関係者たちと敵対視していて、五里霧中の四面楚歌の状態に立たされています。

当初は劣勢だった日馬富士に有利な情報が次々とリークされ、沈黙を守る貴乃花はスポーツ各紙の「相撲協会での理事長選を想定した動向」との見方が拡散しています。

21日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』テレビ朝日系での横綱審議委員が「こらしめなければならない」という発言していました。

これをを聞いたときには、ここまで貴乃花親方が批判されるまでに孤立しているとは驚きました。

貴乃花親方がここまで沈黙を通しているのは、協会でもみ消しに近い形で解決したくなかったからでしょう。

警察への被害届で刑事事件として司法に委ねたい気持ちが強いと思われます。

相撲協会にはどうしても隠蔽体質がはびこっている節があるので、協会に一任してしまうような態度を示すと、マスコミに貴乃花親方が”和解した”と記事にさせてしまう可能性があります。

貴乃花親方は相撲界の闇を払しょくしてキレイなスポーツにしたい思いで頑張ってきただけに今回の件を消去されるのを我慢できないのでしょう。

そもそも今の段階で貴乃花親方が相撲協会の身内だけの場で戦っても負けてしまう状況です。

相撲協会の理事長選の際でも理事8人の内、貴乃花に投票したのは日馬富士の師匠・伊勢ヶ濱親方だけでした。

協会内部で争っても称賛がないのは目に見えているので、世間の土俵で勝負にでたと思われます。

22日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、貴乃花は日頃からモンゴル人力士たちが必要以上な馴れ合いを嫌っていたことを報じていています。

違う部屋でモンゴル勢で固まって飲み会に行けば、横綱から車や百万とプレゼント受けとる集まりだと聞いています。

そんな馴れ合いしてたら、当然として優勝かかってたりすれば、手心として八百長の相撲になりやすいのは当然でしょう。

飲み会に基本参加しないというのは真っ当な意見だとおもいます。

貴ノ岩はガチで白鵬に勝って、睨まれていたようですが言語道断でしょう。

貴乃花は真剣勝負を期すために「同部屋力士」の取り組みもないというのに、モンゴル人同士が部屋以上の結びつくほどの関係を結ぶのはおかしいと考えていた。

 

■兄・花田虎上が言明!兄弟絶縁の理由

相撲協会の馴れ合い体質を絶対に許さない!真っ向勝負をしている貴乃花の”ガチンコ”至上主義が、日馬富士の暴行事件に大きく影響しています。

22日発売の『週刊新潮』(新潮社)では、不仲の兄・花田虎上が絶縁の理由に関しても貴乃花の妥協しない頑ななガチ精神が原因だとであることを明かしています。

虎上によると、兄弟仲に亀裂が入ったのは95年の11月場所、史上初の兄弟優勝決定戦だと発言しているそうです。

虎上は当時『負けても仕方がない』と思っていたところ、どういうわけか勝ってしまった。

父の先代親方からどのような指示があったのかは分かりません。

しかし、貴乃花の相撲人生を振り返ってみて、真剣勝負しなかったのはこの時だけだと言われます。

それ以来、貴乃花は兄に疎遠なそぶりをしたり反発してくるようになったとのことです。

結局、現在の絶縁状態になってしまったと告白しています。

相撲界を離れている虎上としては、相撲協会を相手にして孤立化している弟を心配しているようです。

相撲道に実直なほど真面目すぎる姿勢の弟を尊敬しながらも、一方で危惧している一面んもあります。

貴乃花は変な行動が多いし協調性に欠ける!という意見もあります。

自分の思いどおりにしようとしても、世間から理解されないと反感を買うだけであっても自分の信念を曲げません。

しかしながら、そもそもガチンコで何が悪いのでしょうか?

今までがあまりに相撲協会至上主義だっただけで、それが問題や不祥事が発生した原因
の一つです。

今となっては憶測の域となってしまいましたが、若貴対決の優勝決定戦の時、貴ノ花は「負けろ」と言われて従ってしまって信念を曲げた自分自身も許せないのかもしれません。

ろくに稽古もしないで夜の街で女遊びしてた兄なんて横綱になれるわけないですから。

その時からきっと一人でもいいから相撲に関してはガチンコ勝負の人生を決断したと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です