愛犬が吠える鳴き声で苦情への対策策

犬が鳴く吠えることには理由があります。

留守番中に吠えてしまう場合や長時間鳴き続けてしまう場合、寂しさや不安が原因である可能性があります。

「犬の鳴き声がうるさい」と感じている人はいます。

近所には一日中ずっと吠え続ける高齢の犬がいました。

認知症のため、鳴き声をどうしても止めることができないようです。

しかし、近隣の方には、一般的には「うるさい」と感じてしまうものなのでしょう。

留守中に吠えてしまっていた場合、周りに言われるまで知ることができないです。

そこで、犬の鳴き声について苦情がきてしまったとき、どのように対応したら良いのでしょうか。

 

■犬の鳴き声で苦情きたらどうする?

【認知症の老犬の対応】

認知症のため何時間も吠え続ける犬がいました。

昼間や飼い主さんが留守の間に鳴きだしてしまうこともあります。

認知症を患っている老犬の場合、夜鳴きによる苦情が多いです。

夜鳴きには飼い主さんも困るでしょうし、とてもツライですよね。

獣医さんに睡眠薬を処方してもらい、夜に寝てもらうことで夜鳴きをなくす方法もあります。

認知症の犬や老犬の場合、獣医さんに相談してみると良いと思います。

 

【室外で飼う犬の対応】

留守番の間に吠えてしまう犬も多いそうです。

愛犬の鳴き声がご近所の迷惑になっていることに気づかない飼い主さんも多いようです。

もし、留守番中の愛犬の鳴き声について苦情を受ける場合、家の中でお留守番させてみるのも一つの方法です。

室内と外で吠えるのでは音量にとても大きな違いと影響力があります。

犬によっては、庭で放し飼いにしているときは自宅前を通る通行人や犬に吠えてしまう一方で、室内にいるときは全く吠えない。

庭ではお留守番させないようにしてみるのも試してみる価値があります。

 

【室内で飼う犬の対応】

室内で飼っている愛犬が鳴きまくっている場合、「防音カーテン」がおススメです。

持ち家であれば、防音のために床や壁をリフォームしても問題ないかもしれまえんが、マンションやアパートの賃貸住宅では難しいです。

防音カーテンなら装着するのも簡単ですし、ペットの声を遮断することができる上に借家でも利用できます。

一軒家の室内で飼っていても、近所の犬の鳴き声は聞こえてきますし、絶対に騒音苦情にならないというわけではありません。

ペット可のマンションやアパートでも、鳥、犬や猫の鳴き声についての苦情は多いです。

防音シートや防音カーテンを活用してみるのをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です