賢いふるさと納税の活用術!評判良い返礼品を入手する方法

毎年話題になる、ふるさと納税が注目を集めています。

12月中までに駆け込めば、ふるさと納税の控除を受けることができます。

全国各地の地方自治体が率先して特産品などを振る舞っているので、無数の特産品が誕生しています。

そこで困るのが、どの返礼品を選択すれば良いのかということです。

そこで、ふるさと納税のプロとしてメディアで有名人になったのが金森重樹さんです。

『ふるさと納税完全最強ガイド2017-2018年版』が発売されて今年も話題になっています。

そこで、ふるさと納税を活用してお得なやり方を徹底解説します。
た。

 

■具体的な活用法

ふるさと納税を賢く活用することで、本来であれば税金として消えていたお金が自治体とご自分にメリットが生まれます。

寄附金が地方に還元されるわけですし、生活の娯楽や食材を返礼品として身も心も豊かになれます。

でも、寄付していて返礼品を選ぶのも困ってしまう、という疑問があがってきます。

そこで、返礼品を効率よくもらうために年間計画を作成するのをオススメします。

第一段階として、1月から3月の春の期間です。

寄附額は年間の寄付額の内訳を考えると、およそ3分の1程度の金額をこの時期にあてるのが良いです。

一年の前半でかなり高い割合だと思う人もいるようですが、

ライバルが少ないだけに穴場な返礼品を比較的に容易に入手しやすいです。

返礼品は定期的に頼んでいる鉄板ものが多いですね。

そして、年度が替わる4月になると再び新しい返礼品や季節モノの特産品が追加されます。

そこでまた残りの枠を使って寄附をします。

秋になるとまた新しい返礼品や季節の特産品が出品してくるので寄附します。

基本的に温泉宿の宿泊券や補助券など金額の大きい返礼品を選択するのも賢いです。

大前提として、季節の旬の返礼品をできるだけ入手しながら、一押しの宿泊券や温泉宿を楽しむという方法がおすすめです。

家族が喜ぶのも返礼品選びのポイントです。

最近人気の体験型、スイーツ、温泉宿の宿泊券はファミリー層の評判が良いです。

A5ランクのサイコロステーキ、魚介類、果物、秘湯の温泉宿や露天風呂付き豪華ディナーなど、いろいろ見定めてみましょう。

ふるなびグルメポイントも人気です。

寄附金額に応じたグルメポイントで食事ができるため、お友達や家族と一緒に名店で美味しいご飯を堪能してはいかがでしょうか。

お金をかけないで接待できるのも魅力です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です