悪質クレームの定義!クレーマーが犯罪者の基準

「お客様は神様」というフレーズの如く何かを勘違いしている方が多数。

たちの悪い大人は、まるで大きな子供のように横柄な態度で無理ばかりを言いまくる。

最近は自分の事しか考えない頭の悪いクレーマーが多いです。

また、大体クレームをつける人間は会社の利益にならないことが多いです。

本当に困ります。

サービス業における実態調査によると、7割もの人が客からの迷惑行為を被ったことがあると回答したそうです。

迷惑行為の内容として、「暴言」、「同じ内容を繰り返す」、「説教など権威的態度」、「セクシュアルハラスメントを受けた」などがあるようですが、どのような違法行為に当たるのかみてみましょう。

 

■迷惑行為は罪

「暴言」、「同じ内容を繰り返す」、「説教など態度」については、罪にスグに該当することは難しいでしょう。

ところが、上記の行為が継続していると、長い時間の間に通常業務ができなくなっているようであれば、業務妨害罪が成立する可能性もあります。

もっとも、セクハラは、強制わいせつ罪に当たる可能性があります。

正座を強要される態様によりますが、強要罪が成立する可能性があります。

コンビニ等で、土下座を強要したことで逮捕されることがあります。

また、「インターネットの掲示板やブログやSNSに個人名を出して批判するぞ」と言われたという事例もあります。

これは自由の侵害、名誉毀損という加害行為に当たることから、脅迫罪が成立する可能性があります。

「酔っている客から顔面を殴られた」という事例があって暴行罪に該当します。

もし怪我してしまった場合には、傷害罪が成立するでしょう。

一方で、理不尽なクレームを言う客はいますけど、最近は店員の態度・マニュアル通りの心無い口調、店側が悪いのに反省の色もなく「申し訳ごさいません」と言っとけば済むと言う対応もお客をクレーマーにしている原因もあります。

売る側にももっと親身になって対応すればそんなに怒る人はいないでしょう。

売る側にも改善が必要な時代です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です