警察官の特殊勤務手当?遺体発見、検死、爆発物処理など

警察官は仕事が大変なのにお給料はそれほど高くないという印象が強いようです。

警察官の大半は国家第二種の地方公務員に属していて、圧倒的な高給取りではありません。

一方で、警察官のメリットはそれなりにあります。

銀行から借りる際の教育ローンや住宅ローンなどの借入審査は問題ないという信用度が高いという評判です。
さらに、警察官の給料の中には「特殊勤務手当」という形態があるのをご存知でしょうか?

 

■警察官の特殊勤務手当

警察官は公務員ですから、一般の公務員と同じく給料は俸給といいます。

そして「俸給月額+各種手当」が警察官の給料です。

このうち、住宅手当・通勤手当・扶養手当などは一般企業と変わりません。

管理職手当は特別調整額という名目で、警視なら月に8万円強ほど支給。

所属地域によって変わってくる「地域手当」は巡査で3千円前後、巡査部長で5千円弱です。

そして、警察官の給料には「特殊勤務手当」という手当が用意されています。

さっそく、某県警の特殊勤務手当の例を見ていきましょう。

 

■特殊残務手当の種類

警察官の給料となる特殊勤務手当で、基本的な交通取締手当は460円/日です。

パトカーや白バイの場合は560円/日、交通事故処理作業は560円/日です。

また、試験業務の運転免許技能試験手当は220円/日です。

以上は警察官が日常的に行う業務手当ですが、一般企業と違うのが「特殊残務手当」です。

例えば、山岳遭難者捜索の特殊残務手当は700円/日、

総理大臣の身辺警護になると1,150円/日となります。

単位が「1日あたり」でなくなる特殊残務手当もあります。

死体の検死や収容の場合は1,100円/体、損傷の著しい死体の場合は2,200円/体です。

友達が警官になって孤独死のお年寄りを発見して3000円の手当てが付いたとか聞いたことがあります。

本当だったんですね。

でも、遺体発見で3000円って…(汗)

この金額をもらった本人は嬉しいのでしょうか?

何となく微妙な手当お手当だと思います。

変わったお手当だと、国外での犯罪情報収集業務は1,100円/日。

また、航空機の操縦業務となると5,000円/時となります。

さらに、爆発物処理業については5,200円/件だそうです。

特に爆発物処理とか危険な業務の場合、この金額は少ないと感じます。

一部の警察官については不祥事が多いけど、多くの警察官はまじめに職務を遂行しています。

もう少し警察官を評価しても良いかと思います。

警察官は多少なりとも命の危険が伴う仕事です。

現場の警察官より、役付の管理職の人の給料を減らしてほしいです。

生活苦の汚職や不祥事を防ぐために、そして自分の命を犠牲にしてする職務もあるので、一定レベルの高給は必要だという意見もあります。

これは、警官に限らず消防士、税関、入管も同じでしょう。

ただし、キャリア組が退職金と天下りで大金を手にするのことについては不公平でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です