愛犬が交通事故に遭わない方法!飼い主の不注意と対処策

大切な愛犬が交通事故に遭ってしまわないためにできることはたくさんあります。

また、日々行っていることの中に愛犬が交通事故に遭ってしまう可能性の高い事柄がある可能性もあります。

・外に繋いでおいたらリードが外れて逃げ出し、車とぶつかってしまった。

・リードを着けないで逃げ出して、車に跳ね飛ばされてしまった。

・リードを着けないで自宅前の道路で、車に轢かれてしまった。

・散歩中にリードを引っ張ったら首輪が抜けて車に轢かれてしまった。

ご近所さんで夕方暗くなって小型犬を道に野放しにしている飼い主がいました。

車で轢きそうになること数回…こんな飼い主いるから事故が少なくならないです。

以上なケースがとても多いですが、どのような対処策が必要になるのでしょうか?

・首輪が抜けてしまう犬はハーネスを装着する。

・自宅から出るときは必ずリードを装着する。

・トイレのために屋外に出る場合も必ずリードを装着する。

・リードに不具合はないか確認する。

・無理にリードを引っ張らない。

愛犬から目を離したすきに交通事故に遭い、不自由になってしまう犬もたくさんいます。

最も大変なのは犬自身ですが、飼い主が愛犬の介護に追われると大変でしょう。

散歩中、急に進路変更することもありますし、逃走してしまうこと多々あります。

不注意で愛犬の命を奪ってしまわないように注意が必要です。

事故も嫌だが、それよりほとんどの動物病院の出入り口に柵がないのが納得いかないです。

ドッグランなら二重の柵があるのに、なぜ動物病院にはないのでしょうか?

まして自動ドアとか意味不明です。

そして動物病院はなぜか大きい道路沿いにあることが多いと聞いたこともあります。

動物病院は柵を標準にするべきでしょう。

また、サイクリングロードで愛犬を散歩させているときにも注意してください。

長過ぎるリードで散歩しているときに、飼い主がスマホ捜査に夢中になっているのは危険すぎます。

イヌは賢いから避けるとしても、リードが長くて歩行者やランナーなどには危険すぎます。

一方で、急に車道に飼い犬が飛び出してきて事故になったら、自動車が損傷してしまったり、運転者が怪我を負ってしまう場合もあります。

飼い主は車の修理費や治療費を払わなければいけないケースもあります。

犬が自発的に飛び出しの場合、不可抗力で飼い主の責任になる場合もあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です