財産分与のトラブル!独身時の資金を元手で稼いだ利益は対象内?

夫が独身時代稼いだ500万円を元手にFXや株式投資や投資信託などで運用した結果、2,000万円ほど儲かって、離婚するときには、8,000万円くら個人口座にあることが判明したそうです。

旦那さんは生活費をきちんと与えていたのですが、離婚調停の際に財産分与の対象になるのでしょうか?

 

■財産分与を主張できる理由

民法762条2項によると、離婚する時に財産分与の対象となるのは、​結婚生活中に夫婦が得た財産です。

婚姻中に得た財産については、夫婦共有財産だと該当することになります。

一方、民法762条1項では、独身時代の預貯金など婚姻する前から所持していた財産や結婚後であっても相続によって得た財産は、夫婦共同の財産の対象外のため「特有財産」となり、財産分与の対象とはなりません。

要するに、夫が独身時代に稼いだお金は「特有財産」になります。

その資金を活用して、結婚した後に投資でお金を稼いだとしても、儲けた元手が「特有財産」である限り、運用して獲得したお金も「特有財産」の範疇になります。

そのため、夫が独身時代に稼いだお金を使って結婚後に株などの投資運用で儲けたとしても、儲けた資金は財産分与の対象にはなりません。

知人はこのケースと同様だったそうです。

彼の妻は離婚調停で株の利益をしっかり要求してきたそうで、彼は弁護士と相談しました。

結婚前の資金の株の利益は財産分与対象外だと裏を取って、サクッと蹴散らしました。

そもそもこれを夫婦共有財産と思う方がおかしいです。

妻が独身時代の貯金で財産増やしても同様です。

生活費を入れている旦那ならケチではないはずです。

 

■独身時代の資金源だと証明

結婚後に稼いだお金は、基本的に夫婦共有財産となります。

結婚後に旦那さんだけの稼ぎでも夫婦共有財産ということは、旦那さんの収入を得る生活を妻が支援していると判断されているからです。

そのため、結婚後に稼いだお金を元手に事業や投資などで収益を得たならば、利益分についても夫婦共有財産となり、離婚時の財産分与の対象となります。​

ところで、夫婦共同生活と無関係のお金(毎月のお小遣いなど)を使って稼いだ利益は、特有財産に当てはまり財産分与の対象とはなりません。

夫婦だからという理由ですべてのお金を財産分与できるというわけではないのを理解しましょう。

法律の話として、利益発生のタイミングでなく、利益が生じさせるための元手を得たタイミングがポイントになります。

また、法的には以上の解釈が成立するとしても、証明できるのかが問題になります。

お金には『独身時代に作った資金』と記載されていないので、入出金の記録や所得税の記録などを探して証明書にするのが必要です。

万が一、申告漏れがあれば、最悪の場合は脱税になるかもしれないのでご注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です