特殊部隊SATができた理由、警察組織SATとSITの違い徹底解説

日本の特殊部隊の中でも治安担当は警察の「SAT」がよく知られています。

英語表記は「Special Assault Team」から略して「SAT」となり、意味は「特殊急襲部隊」となっています。

国家機関の「特殊部隊」で軍事系が自衛隊なら、治安系は警察の「SAT」がよく知られています。

SATは英語表記の「Special Assault Team」から「特殊急襲部隊」とも呼ばれます。

また、警察の特殊部隊の別動隊として「SIT」も存在しています。

SITでは拳銃が主力の武器となっていて、SATの主力銃器は短機関銃です。

映画やドラマでSITやSATが出ているとき、この違いが変わっているとチェックできて面白いです。

 

■特殊部隊、設立した理由

SATが誕生したきっかけとなった事件は、1977年の日本赤軍が話題になった「ダッカ日航機ハイジャック事件」です。

警察の特殊部隊が活躍する契機となったわけです。

この時、警察には決定打になる対抗手段がなかったそうです。

そのため犯人グループが要求してきた事項をすべて受け入れるという失態となりました。

日本が世界に恥を晒してしまったのです。

政府がテロ集団に屈服した事実を露呈したからです。

日本政府がこの事件で危機感を抱いて、テロ専門部隊を創設したのですが遅すぎます。

1980年代に前身である「SAP」(Special Armed Police)を作りました。

創設後は極秘組織としていましたが、1995年の「全日空機ハイジャック事件」によってSAPの存在が明らかになりました。

翌年にはSAPからSATに再編成されて現在の形になっています。

ちなみに、警察の特殊部隊にはSITも活躍しています。

「刑事部捜査一課特殊犯捜査班」というのが正式名称だと知らない人も多いです。

しかも、警察本部の刑事部に設置されている組織で、捜査一課に属しているそうです。

SITの主要な仕事は誘拐事件に代表される捜査と人質救出です。

そこで、気になるのがSATとSITの特徴の相違です。

同じ警察の特殊部隊のSATとSITは似ているようで決定的な違いがあります。

SITの任務は人質救出と犯人逮捕が主な任務です。

一方、SATのほうはテロリストなどのプロの犯罪集団や犯罪組織に対抗するのが主要目的です。

そのため現場の強襲チームとして活躍する実行部隊ですから、SATは日常の捜査をしません。

つまり、立てこもり現場等で犯人側を説得や交渉したり、射殺命令があれば狙い撃ちさえ実行します。

SITは犯人の身柄確保が優先事項ですが、SATは犯人を狙撃したり突撃などで現場の危機的状況を打開するのが最優先目的です。

そのためSATは短機関銃や狙撃用ライフルといった高性能の銃器を装備しています。

さらに、防具として防弾ヘルメットや防弾ベストも標準装備しています。

また、SATはサブマシンガンどころか、89式小銃も持っているのは本当でしょうか。

短機関銃の中でも重たいMP5は時代遅れで、なぜこんな銃器を使っているのか疑問です。

なぜなら、カラシニコフレベルの銃器の軍用を持ってる犯罪者たちに対抗するには明らかに分が悪いからです。

あんなデカブツより、93Rのほうがまだマシだという意見もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です