喫煙者はリストラ対象、出世NGは本当?IQOS・電子タバコも嫌われる理由

最近ではタバコへの規制が今まで以上に厳しくなっています。

そこで、職場での喫煙の状況も変化し続けています。

タバコ吸う人は書類審査で落とされる、電話で採用しない等と言われた人もいます。

ある職場では勤務時間中のタバコ休憩が禁止になったケースもあります。

また、加熱式タバコを吸う人も増えたため、喫煙者・非喫煙者の溝が埋まると期待されてきましたが、現状では違っているそうです。

タバコ吸う奴らの方が吸わない人よりやたら休憩時間が長いです。

タバコ休憩=サボりと同じでしょう。

サボってる間の電話来客の対応を肩代わりしてもらってるの分かっていないのでしょうか。

だいたい、タバコ休憩という言葉が成り立ってほしくないです。

休憩時間中のタバコなら誰も文句を言わないのはおかしいです。

ニコチン切れのたびに5分10分といなくなるから文句言われて当然です。

電子タバコについては、臭いも臭いの広がる範囲も紙巻に比べればマシだけど、臭いそのものは紙巻と変わらないです。

もし室内で大勢が電子タバコで吸われたら紙巻と変わらないです。

悪臭を発生させるのも紙巻と同じです。

電子タバコも喫煙所で吸うのは当然のマナーでしょう。

加熱式タバコも臭いですから、室内はやめて欲しい、不快さは変わらないです。

IQOS流行ってきていますが、加熱式タバコ特有のニオイが気になるという人もいます。

とはいえ、タバコに関しては健康への害云々やニオイの他にも「そもそも吸ってるヤツが嫌い」という嫌悪感を持っている人は多いです。

職場に香水は迷惑という風潮は以前からありました。

それから香り付きの柔軟剤、整髪料、化粧品、コーヒーさえ禁止という流れもありました。

実際に柔軟剤の香りが影響して職場の移動命令が降った人もいます。

そのうち体臭の強い社員は降格や出世できないという流れになるのかもしれません。

タバコ吸う人がリストラ対象になる!という時代になる?既になっている?の可能性が高いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です