駐車監視員の横暴!取り締まり方法が違反金の徴収目的?

民間企業が駐車禁止の取り締まりを頑張っています。

以前は警察官が錠付きの駐車禁止ステッカーをフロントガラスに張り付けて、違反者を警察へ出頭させて違反キップを切って違反金を支払わせていました。

効率がわるいからでしょうか。

海外では常識ですけど日本でも駐車違反の取り締まりを民間に委託しています。

駐車監視員が駐車禁止の取り締まりを頑張っているそうです。

警察官と違って駐車監視員は専業として働いているので、集中して道路交通法違反者を徹底的に取り締まるのでしょうか?

知り合いは自宅のの前で監視員に写真撮られたそうです。

「どうして撮影しているの?」と聞くと、

「家の前と言えども邪魔に成れば駐禁です」という返答でした。

でも、荷物を出していただけで邪魔にはなっていないし、

車も人も避けずに行けるようにしてました。

15分後に来て止まってたら違反キップを切りますと、2人の老人が返事したそうです。

知人は仕方ないからクルマを移動させて20分後に戻ると、彼らが隠れて待っていた。

ノルマがあるとは、本当に暇人ですね。

わざわざ物陰に隠れて運転者が下りたのを確認してステッカー貼ってくる監視員もいました。

違法駐車を無くす事が前提ではなくて、違反金を巻き上げるのが本来の目的なのでしょか。

ドライバーに口頭で注意するなんて一ミリも思っていないのでしょう。

駐車監視員はほぼ全域駐車禁止の首都圏中心に動いていて、所構わず取り締まるので批判殺到しています。

幹線道路や駅、繁華街中心に徹底して取り締まれば納得できるところもありますけど、住宅街や人けの少ない場所を巡回しているのは意味不明です。

ただ法律を利用して罰金稼ぎをしてる天下り産業なら本当に嫌になります。

路上駐車してる監視員のクルマが原因で道路が混雑していて注意したら「自分たちは許可されてる」と堂々と発言していました。

まったく悪びれてなかったいて本末転倒だと思いました。

また、本当に迷惑な駐車違反は大いに取り締まってもらっても構わないけど、配達中のトラックとかお構いなしに取り締まるのは疑問を感じます。

どうも矛盾しているように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です