出産を迷う女性と子供いない夫婦との幸せはどちら?

既婚女性が子どもを欲しくて、子供を作るのは人生の大きな決断でしょう。

ところが、経済力や年齢などの問題、女性の幸せや女子力を磨く生活を優先するなど、子供を授かることに躊躇してしまう女性もるのも事実です。

 

■子供をもうけるか悩む女性

夫婦がお互いにフルタイムで共働きの既婚女性は悩みが深いです。

親戚や両親から「子供はまだなの?」などと言われるたびにプレッシャーを感じるし、子供をもつ責任が重くのしかかって躊躇してしまう女性も多いです。

しかし「もう年齢的にもゆっくり考える時間もなくなりつつあります」と、焦りを感じ始めていると悩みを訴えた。

また、「なるべく早く子供を産むほうがいいよ」という周りの声にイライラした経験がある人もいるだろう。

子作り始めたらすぐに妊娠できる、とは限らないです。

子作りを迷ってる人たちは、実際に始めたあとで悩むことになる可能性もあります。

もしかしたら不妊かもしれない。

本当に年齢は待ってくれないし高齢になって欲しいと思っても取り返しがつかない。

ましてや30歳を越えてるならこれからの出産は高齢出産になってしまう可能性もあります。

妊娠できたとしても、出産までスムーズにいくかどうかわかりません。

子供作る作らないは夫婦それぞれに考えがあると思います。

夫婦が後悔しないならどっちでも良いでしょう。

むしろ子供を作っても虐待する親になるなら、無責任に作らないでほしいです。

悩んだ上で産んだけど、やはり好きになれず虐待してしまい、結局その子は施設に入れられた…。

そんな結末ならば産まない方が幸せな人生もあります。

一方で、出産した経験者によると、無事に産まれてくる事って当たり前では無く奇跡に思えるとの意見があります。

出産は若いに越した事はないです。

だから、子供欲しいなら挑んでみたらいいでしょう。

後回しにしてたらいい事ないし、いらないならハッキリいらないと決めるほうが良いでしょう。

 

子供作れるのなら子どもはを作るほうがよく、子供いないと老後が特に寂しさが半端無いと感じている夫婦もいます。

しかし、老後が心配だの、子供いないと寂しいなどと言う人もいるけどあまり説得力がないです。

子供を産んで幸せな女性もいるのも事実ですけど、産まない産めなくても旦那さんと出会えて2人で生きられるならまた違った幸せもあります。

最終的には、女子の幸福は個人差があって当たり前です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です