航空会社の無料サービス紹介!食事・Wi-Fi・荷物預け入れ等

いくつかの航空会社が提供している無料サービスを厳選紹介します。

 

■サウスウェスト航空:荷物の預け入れ無料

多くの航空会社は、ライバル企業に負けないためにフライトをアンバンドルを選択しています。

アンバンドルでは、フライト料金は低価格になっていますけど、座席指定や荷物の預け入れなど他のすべてのサービスに別料金を支払います。

荷物を無料で預けられる航空会社はとても少ないです。

そのため、サウスウェスト航空はとても重宝できる航空会社です。

さらに、2つまで荷物が無料で預けることができます。

サウスウェスト航空では、重量が50ポンド以内、縦横高さの合計が62インチ以内の荷物を2つまで無料で預けることができます。

重量が51ポンド以上100ポンド以下荷物や、縦横高さの合計が62インチ以上80インチ以下の荷物は、片道75ドルの追加料金になります。

また、他の航空会社と違って、フライト変更しても追加料金を請求されることはありません。

運賃の差額を支払うだけで大丈夫です。

 

■ジェットブルー航空「Wi-Fi無料」

ほとんどの航空会社では、Wi-Fiの利用は有料です。

格安航空として有名なジェットブルー航空が、Wi-Fiを完全無料で提供しているのはちょっと驚きです。

動画をストリーミングで見ることもできます。

この無料Wi-Fiサービス(Fly-Fi)はすべての機体で利用できるそうです。

ジェットブルー航空では無料の軽食を無制限に提供しています。

軽食が詰まったバスケットを差し出されます。

好きなだけ取っても構わないから驚きます。

また、ジェットブルー航空の大半の機体では、大手航空会社の機体よりもレッグルームがビックリするほど広いのも嬉しいです。

 

■ヴァージンアトランティック「アメニティキットが無料」

ヴァージン・アトランティックの夜間フライトに乗ると、エコノミークラスの乗客でも「Relax Pack(リラックス・パック)」という名前のアメニティキットを受け取れます。

エコノミーとプレミアムエコノミーのパックには、耳栓、アイマスク、歯ブラシと歯磨き粉、靴下、ペンが入っています。

ヴァージン・アトランティック以外でも、多くの航空会社である程度のアメニティがもらえますが、欲しいことを言わない無ければ提供してもらえません。

ヴァージンアトランティックは思い切ったサービスを提供してくれます。

 

■ハワイアン航空「食事・アルコールが無料」

多くの航空会社が、長距離の、夜間フライトでは7時間以上も座りっぱなしになります。

ハワイアン航空は、北米路線のすべてのフライトで、食事とアルコールを無料で提供しています。
なんといっても、食事がとってもおいしいそうです。

米ケーブルテレビのCNBCによると、ハワイアン航空は、少なくとも北米路線のすべての乗客に、フルトレイの食事を提供している唯一の国内航空会社だそうです。

エコノミークラスでさえ、ワインとコロア・ラム・パンチが無料で提供されているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です