親のマナー問題vs子供連れに優しい社会!飲食店での意見交換

ゆっくりと食事を楽しみたい人にとっては、迷惑となる子供の鳴き声や騒ぐ声にはうんざりします。

赤ちゃんが泣いたり、子供がぐずってたりは「仕方ないね」と思えるし、お母さんお父さん大変だなって思います。

けど、キャーキャー走り回ってる子供を携帯ばっかりみて注意しない親は腹立ちます。

注意したいけど、今どきの親って「うちの子に何するんですか!?」って言してきたら面倒くさいです。

こっちからしたら「お前のガキが何してるかきちんと見やがれ!」と感じてしまいます。

他人が叱るといけない時代なのでしょうか。

子供はいつまでも小さいわけじゃないから大きくなってから堂々と高級レストランや高級寿司に行けばよいでしょう。

子どもに合わせた行動をすれば、いくら子連れOKなところでも気を使うべきでしょう。

そういうお店に行くのを我慢すればいい話です。

赤ちゃんや幼い子供がお寿司を食べたいというわけないです。

結果、自分が一番可愛い人達が親になり、こういう発言するんでしょ。

子供が一番の被害者、泣くことでしか表現できないのに、静かな飲食店に連れて行かされて可哀そうです。

「子供OK」というお店であっても、子供歓迎ではないです。

回転寿司ではない寿司屋さんやサービス料を取るようなお店では、

子供が泣いたら親がどのように対処すべきなのか心得ているお客様ならOK!という事でしょう。

もちろん、子供もお客様の一人ですけど、お店側が他の成人しているお客様も大切にしたがるのも納得できます。

知能に問題なくキチンと躾ければ、3・4歳になったら『お店ではお行儀良くしてね』って約束は守れるようになります。

親の趣味趣向で幼い子供にとって不快な場所に連れ出すほうが間違っているのかもしれません。

親のストレス解消の為に大切な子供に大きなストレスを与えているなら考えてしまいます。

子連れOKとは子供が走り回って大騒ぎしたり泣き喚いても放っておいてOKという意味では無いことを理解しておきましょう。

しかし、自分が泣きそうな顔して懸命に子供を落ち着かせようとしている親を非難するのはひどいと思います。

きちんとあやして申し訳なくしている親に対して、厳しい視線をなげかける人間が多くなっているのは悲しいです。

子育てを精一杯頑張っている人には、もう少し優しい世の中になってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です