厳重注意!SNSに許可なく子どもの写真・個人情報を投稿した最低レベル

SNSに子どもの顔や全身と個人情報を掲載しても良いのでしょうか?賛否が真っ向から分かれます。

ネット上に載せるのを反対する方々にとって、子供の表情などが流出しないように十分に気を付けているでしょう。

しかし、子どもの個人情報を守る両親の気持ちが裏切られています。

世間では常識がないママ友、妬み恨みなど持っている近隣や友達などによって、子供の写真が許可なく使われてしまうケースが急増しています。

そこで、SNSに勝手に子供の写真をアップしている最低行動を調査しました。

 

【1】自分の子供は隠すけど他人の子は隠さない

自分の子供と他人の子が遊んでいた時の写真をSNSに挙げていたときの事例です。

自分の子の顔はスタンプで隠しているのに、他人の子どもは全く加工しないで大っぴらに顔を披露してしまっていたそうです。

これは完全に確信犯でしょう。

自分の子供の顔を隠すという行為の本音は、SNSに対する不信感や危機感を持っているのを意味しています。

顔出しが危ない!というのを理解しているはずです。

『自分の子どもだけを守る!他人はどうでも構わない』という本音は許せません。

 

【2】受け取った子供の写真を勝手に投稿

親しくてもご自分の子供の顔写真を添付して送るのは控えるほうが良いです。

非常識な人は友人や親戚など自分以外の子どもが映っている写メや個人情報を平気でアップしてしまう人がいます。

FacebookやインスタグラムやTwitterなどに悪気を全く感じることもなく投稿してしまう人間がいます。

他人から頂戴した個人的な画像であっても、自分が撮影したような文章を書いて掲載するほどの不届き者さえいます。

完全にアウトな人間です。

他人に撮影されたとしたら、打つ手がないです。

他人には子供の写真を送らないほうが絶対に良いです。

 

【3】全てのジャンルの個人情報を投稿

SNSに顔出し&タグ付け&位置情報などあらゆる情報を網羅して投稿してしまう人間に注意して下さい。

こういう人は最悪な行為をしていることに一ミリも気づいていないので、しっかり注意しなければいけません。

最低レベルの人間ですから注意しても理解してもらえないかもしれません。

友人の自宅写真とか、勝手に載せる人も最低です。

 

ちなみに、ネット上にアップされてしまった写真や情報は完全消去されないのが基本です。

自分の子供が顔出しOKだと判断していても、他人の子供が同様に大丈夫だとは断定してはいけません。

掲載の良し悪しを判断する前に、必ず相手の親に確認を取るなどの配慮を忘れないように意識しましょう。

個人的にLINEで送った写真を、無断でFBに載せられたことがあります。

暇でやることがない方々は、あらゆるネタを仕入れることに夢中になって何でもSNSにアップしています。

おやつタイムのケーキやランチの写真とか、興味ありますか?

どんな言い訳を行ってきても、子供の写真を断りなく載せるのは最低です。

昔よりもプライバシー保護に対して厳しい時代なのに、無神経な行動や卑劣な人間が多すぎます。

本当に危険です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です