目玉にタトゥー!?全身刺青入れる男性の理由に唖然

全身タトゥー男が話題になっています。

なんと体全体の90%にタトゥーをいれているので驚きます。

タットボーイ・ホールデン氏は、オーストラリアのアデレード出身。

男性器や目玉にもタトゥーを入れている根拠を理解できません。

目玉にタトゥー!!入れられることすら初めて知りました。

そこまでタトゥーを入れた理由は、慢性痛の苦しみから逃れるためだと主張していますけど、タトゥーとの因果関係があるのか意味不明です。

タトゥーを彫る痛みが、慢性痛を緩和してくれる?という彼の言い分には医学的根拠が全くありません。

48歳で無職でありながら、今まで10万オーストラリアドル(約880万円)の大金を使い果たしてきたそうです。

タトゥーが理由で職探しは簡単ではないのは当然でしょう。

無職でもタトゥーを入れたことに全く後悔していないと断言しているけど、理解するほうが無理な話です。

慢性痛の治療しないで、現実逃避しているだけで気色悪いうえに迷惑でしかない存在!!とネット上で批判されています。

タトゥーを入れる痛みが慢性痛を和らげるなら、目的は痛みなんだからインクは入れる必要ないはずです。

インク無しで肌にマシン当てて彫れば刺青は入らないし、痛みは得られるし、傷が治れば繰り返しできるでしょう。

ペインコントロールの方法なかったのでしょうか?

整形依存と同じように、タトゥー入れなきゃ気が済まない一種の病気です。

オシャレというレベルじゃない、タトゥー依存症でしょうね。

要するに、心の病だと思います。

タトゥーをいれるより名医を探した方が良いと思います。

根本的に手段を間違えています。

もし、こういう人が来日してくるときがあるなら、日本に入国できるのでしょうか?

また、こういう人でも生活保護が適用されるならば批判が殺到するでしょうね。

無職だけで迷惑なのに言い訳と屁理屈で全身刺青だなんて大迷惑です。

一方、ホラー映画の出演が決まっているそうで、それなりに需要があるとは笑えます。

リアルゾンビ!?なのでしょうか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です