ランボルギーニの最新スーパーカーが大評判!アヴェンタドール S ロードスターに感動

アウトモビリ・ランボルギーニが、ものすごい洗礼されています。

現地時間の2017年9月12日、フランクフルトで開催された国際モーターショー(IAA)に衝撃が走りました。

「アヴェンタドール S ロードスター」が発表されて聴衆がざわめいたそうです。

 

圧倒的なテクノロジーがもちろんです。

流線型のドライビングダイナミクスによって、

感動を超越したオープンエアー・エクスペリエンスを実現しています。

アヴェンタドール S ロードスターは、ミッド・リアミッドにV12エンジンを搭載した唯一のロードスターバーションのスーパースポーツカーです。

0-100km/h 加速 3.0秒、最高速度は350km/h(217mph)です。

6.5L V12エンジンの最大出力はクーペと同じ740psです。

最大トルクは690 Nm (5500 rpm)なので満足度が高いです。

7速軽量ISRトランスミッションによりギアシフトのロボット化が可能になったので、

素早いギアシフトが自然にできます。

加速度だけではなくて、他の性能もクラス最高峰です。

カラーやトリムも様々取り揃えています。

カーボンセラミック製ブレーキが標準装備されています。

新素材とカーボンファイバーを車体のあちこちに使用しています。

ランボルギーニ・アド・ペルソナムのパーソナライゼーション・プログラムも活用できる。

車内のTFTデジタルダッシュボードは、ドライバーの好みに応じてカスタマイズできるのもうれしいです。

Apple CarPlayも標準装備されています。

納車開始予定は2018年2月。

日本自動車輸入協会の統計を見ると、2017年3月における登録台数は「ランボルギーニ」のほうが「フェラーリ」よりも上位になっていました。

3月だけの情報になりますけど、数字から見ても「ランボルギーニ」の人気と売り上げの勢いは止まっていません。

もともとランボルギーニは、どの角度からみてもため息が出てしまうほど美しい車体です。

さらに、従来の馬力を増しているマシンとなって改革しているのが、この「アヴェンタドールS ロードスター」です。

ランボルギーニCEOステファノ・ドメニカリ氏は満を持して投入してきました。

『アヴェンタドールS ロードスター』は、今までのランボルギーニを超越した魅力をもっていて、公道とサーキットの両方において、テクノロジーとパフォーマンスの最新基準を生み出しました。

『アヴェンタドールS ロードスター』であれば、ドライビングの醍醐味や乗り心地はそのままに、オープンエアーで走るスリルを味わえます。

オプションによるカスタマイズも可能ですから様々な仕様を試せて面白いです。

つまり、「ランボルギーニ・アド・ペルソナム」と呼ばれている、オーナー自身の個性的な感覚で車輌を完成することができます。

パーソナライゼーション・プログラムを活用すれば、所有者のこだわりや趣向に応えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です