希望の党公認を理由で民進党員から上納金や政党交付金を貪る銭ゲバ実態を暴露

希望の党代表の小池百合子が公認候補予定者との”ツーショット写真”に3万円を徴収しているそうです。

政党の代表が候補者と写真を撮影するときにお金を支払うだんてビックリしました。

この撮影会には現金を手に取って候補者が並んでアイドル商法のような雰囲気です。

希望の党の”銭ゲバ”ぶりは強烈すぎて笑えます。

当初から、民進党議員の”引き抜き”は金庫のお金が当てだと指摘されてきたうえに、今になってあこぎな資金集めの実態が暴露しています。

たとえば、民進党を離党して希望の党の公認を希望する前議員に対し、公認申請料として300万円、党への寄付金200万円の計500万円を振込要求しているそうです。

また、都内での候補予定者向けの会合で、若狭勝氏が公認内定者であっても、調整次第で内定取り消しもあると述べたそうです。

小選挙区と比例代表の重複立候補を望む新人に対しては、供託金や党への寄付金など計700万円をすぐに用意するよう要求したそうで、困惑の声があがっているそうです。

要するに「公認もらいたければ銭を出せ!」ということらしいです。

立候補に必要な供託金や、選挙活動のための資金を自前で賄えというだけでなく、党への寄付金まで要求するとは、上納金やみかじめ料と同じですね。

しかも、公認希望者が大金を支払う意思を見せ、公認内定を水面下でもらっていても、本当に希望の党から出馬できるのか不明だんて意味不明な事態となっています。

 

■上納金:400万円〜500万円!?

公認容認をエサにして、「寄付金」「公認申請料」「新党事務費」等の名目で大金を横取りするなんて、暴力の何物でもないです。許されるわけないでしょう。

国政政党は候補者の囲い込みの意味もあって、政党の金から供託金や選挙資金などを「公認料」と称して候補者に与えることが多いです。

また、「公認を金で売る」というようなことはあります。

2012年衆院選のとき日本維新の会の場合、基本的に供託金と選挙資金は候補者の自己負担、ほか「広報費」名目で候補者から党が100万円を徴収していました。

しかしそれでも希望の党のように、「寄付金」や「公認申請料」として500万円もの大金を搾取するのは非常にえげつない銭ゲバだと判断しています。

希望の党は公認候補者の選出について、「政策や理念で一致できる人」と主張しているけど、最終的にお金を持っている人間しか立候補させない腹なのでしょう。

これは、民進党との合流の動機も同様でお金目的だったと言えます。

小池代表は薄汚いほどの”カネ目当て”なのは誰の目にも明らかだろう。

前述したとおり、民進党の約150億円とも言われる巨額の資産が目当てなのは間違いないでしょう。

民進党は今までの候補者に「公認料」を渡してきたが、今回も希望の党への合流組には2日までに一人当たり約2000万円の資金が配布されているようです。

報道機関によると、民進党からの合流組の人数は約130人だそうです。

見積もって30億円ほどの莫大なカネが、民進党の金庫から希望の党へ移動することになります。

 

■「党の支持する金を出せ」って暴力でしょ

問題なのは、民進党の金庫に収まっている金が、政党交付金ということだろう。

政党交付金は所属国会議員の人数などに応じて国庫から支出されるもので、国民の血税です。

どうやら希望の党は、民進党からの合流希望者には、いま報じられているような500万円や700万円どころではなく、”言い値でカネを持ってくること”という条件までつけるらしい。

合流組に署名をさせる「政策協定書」の最終案の全文を報じている。

政策協定書の最終案には、「本選挙に当たり、党の指示する金額を党に提供すること」を順守すべきことのひとつとしています。

希望の党が「1億円を貢げ」と言えば、その金額を差し出さねばならないのです。

悪徳闇金融まがいで笑えます。

そもそも言い値でカネを持ってくるだなんて「政策」とはいえません。

頭のネジがぶっ飛んでいるとしか言いようがない。

 

■政策協定書に「原発ゼロ」ない!

リベラル派根絶のための”踏み絵”はもちろん、小池代表の本質たる極右排外主義がにじみ出ています。

希望の党は政策協定書最終案でも、「原発ゼロ」を全く記載していません。

小池代表は、希望の党の結党表明時に「原発ゼロ」を目玉公約として打ち出し、安倍自民党との差別化をはかっていました。

しかし、わずか一週間で脱原発に本気で行動する気配すら一ミリもないことが露呈しました。

希望の党が「原発ゼロ」をぶち上げたときから、小池氏が脱原発スタンスをとったことが一度もありませんでした。

こうなると選挙のためだけのペテン師だと批判されても弁解できないでしょう。

あまりにもひどすぎる劇場型な活動で唖然とします。

いずれにせよ、小池代表率いる希望の党は、どうやって効率的にお金を収集することばかりに固執しています。

文字通り原発ゼロの白紙にしたことで分かるように、憲法改正や安全保障法制など自民党と違いが見当たらない政策であって、過半数以上の議席確保を目指したペテン集団にすぎないです。

野党の一本化を望んでいた方々には残念ながらこの夢を捨てるしかないです。

安倍晋三と小池百合子という怪物気質のポピュリストによる極右二大政党制が樹立した際には、日本がどうなるのは期待よりも不安のほうが先行してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です