スズキが新発表!ハスラーワイド新型「クロスビー」が登場

2017年の東京モーターショーは10月25日に開幕するまでに、出展モデルの詳細が少しずつ公開してきました。

スズキの中で注目をあつめている車種をピックアップします。

実は7車種がワールドプレミアされる予定です。

四輪独立駆動のコンパクトSUVの中には「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」です。

軽自動車の「スペーシア コンセプト(ほぼ市販版)」も人気です。

最も評判が高いのは“ハスラーワイド”として前々から噂されていた新型コンパクトカーです。

少ない軽自動車の規格の中で、「ハスラー」は素敵なデザインとフォルムで人気です。

全幅を拡大したタイプの“小型クロスオーバーワゴン”として登場したモデルが、「クロスビー(XBEE)」です。

 

フロントフェイスはそのままハスラーを連想できます。

ボディサイドの樹脂パーツはブラックが力強く、

フローティングルーフはブラック一色に統一したCピラー、

金属調パーツが所々に散りばめています。

ハスラーよりもSUVの要素を強めていると思われます。

ボディサイズは全長3,760×全幅1,670×全高1,705mmでして、ホイールベース2,435mmです。

スズキのコンパクトSUV「イグニス」よりも若干大きいです。

そのため、ゆったりとしたラゲッジルームの空間を好きなように使いやすいです。

駆動方式は2WD/4WDの両方を設定しています。

4WDには積雪や湿地帯の泥水を含んで様々なドライブモードを備えていて、アウトドアライフや降雪地のドライバーの欲求に対応しています。

クロスビーのパワートレーンは、1.0L直噴ターボのK10C型“ブースタージェットのエンジンにマイルドハイブリッドを搭載してます。

軽自動車規格に縛られないメリットはここにも出る。

 

運転支援システム「スズキ セーフティ サポート」を装備するでしょう。

前方の走行中ならデュアルセンサーブレーキサポートの他に、

後退時ブレーキサポート、3Dビュー機能付き全方位モニターと他にも注目したいです。

 

軽自動車のスズキ・ハスラーは3つの仕様です。

ノーマル仕様の「クロスビー」、

「クロスビー アウトドア アドベンチャー」は大人のアウトドアを助けてくれる上質なアウトドアスタイルに仕上げていてコンパクトサイズに収まっています。

「XBEE STREET ADVENTURE(クロスビー・ストリート・アドベンチャー)」は都会など街中でのアスリートスタイルに最適です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です