休日に接待ゴルフへ参加強要は法律違反!パワハラ・休日出勤になるの?

営業職では、「接待」も重要な仕事であると考えられています。

特に接待ゴルフは大切なコミュニケーションツールの一つだと考えられています。

入社すると会社から「ゴルフやれるように準備しといて」と上司から直々に指示命令されることもあるそうです。

営業するための「接待ゴルフ」は、仕事の延長線上という認識があるようです。

就業時間帯平日に接待ゴルフするのが望ましいのですが、本来の休日にその予定を入れられることも多々あります。

もともと休日だったので、先約や外したくない予定があれば接待ゴルフを断っても問題がないはずです。

ところが、ブラック会社に近いほど接待ゴルフを最優先にさせて休日返上を強要するケースもあります。

休日でも仕事に関係することをやらせるだなんて労働基準監督官が知ったら取り締まる対象になるでしょう。

身内の法事や仲間の結婚式や家族旅行など、外せない私用があるにもかかわらず、接待ゴルフに出るように上司命令に対して、拒絶しても構わないのでしょうか?

基本的に行かなくて良いはずです。

接待ゴルフほど、面白くないゴルフは無いです。

気遣いで疲れるし、ましてやお金はかかるし会社関係者とのゴルフなんてゴメンこうむりたいです

 

■パワハラや休日出勤に該当?

結論から申し上げると、理不尽を感じながら接待ゴルフを参加する程度ではパワハラや休日出勤に該当しません。

「ゴルフ人口は減少し続けていますが、“接待ゴルフ”は現在でも重要な営業ツールであるかと思います。

接待ゴルフやコンペは休日に行われることがほとんどです。

強制的に取引先との接待ゴルフに行くように上司から指示・恫喝された場合、パワハラや休日出勤になるかならないか議論の焦点になります。

接待ゴルフは取引先に対してかなり気を遣います。

しかし、原則として上司や役員の指揮命令・監督下にあるわけではありません。

そのため、パワハラや休日出勤(労働時間)には該当しないとされています。

ただし、“原則”に過ぎないので、上司からの業務命令として参加するよう指示された場合、休日出勤に該当します。

また、参加拒否した場合に、昇進させない!人事評価を下げてやる!と上司に脅された場合にはパワハラに該当します。

しかし、接待ゴルフへの参加を指示しているメールや手紙なんか考えにくいです。

また、接待ゴルフを拒否してことで昇進できなかったという因果関係を立証することは困難です。

そこで、近い将来に退職や転職するかもしれない人は、接待ゴルフへ行くように依頼・指示されたことを録音しておくことが有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です