健康長寿の睡眠方法!仰向け大の字など長生きする寝るコツを公開

睡眠は健康を維持する上で大切な役割を果たしています。

人間は必ず寝るので質の良い睡眠をとって、心身の疲れをリセットしたいと思うでしょう。

元気に長生きしている人々を検証して見ると、適度な睡眠時間と快適な睡眠を確保するためのポイントを検証します。

 

■健康的な睡眠時間

睡眠と長寿に関してアメリカの研究機関によると、男女ともに睡眠時間6.5~7.5時間の人が長生きしている割合が最も高いということが判明しました。

睡眠時間が短いと高血圧・糖尿病・心臓への負担が大きくなってしまって、病気の発症リスクが上昇しやすくなります。

番組が健康で長生きしている人1,000人に対して行ったアンケート調査でも、一番多かった睡眠時間は7時間。

研究データを立証する形となりました。

「睡眠時間と睡眠の質を掛け算した結果が睡眠の定義だと発表している先生がいます。

両方が十分でないと満足できる睡眠を手に入らないです。

片方だけが充実していたとしても、別が悪いと結果的に落第の睡眠になります。

「朝に目覚めると同時にきつい」「睡眠時間が長いのに疲労が取れていない」という人は、おそらく睡眠の質が悪いと思われます。

睡眠の質が良好ですと老廃物や乳酸の疲労物質をスムーズに排出できる体質改善に成功しやすいです。

また、認知症の原因の一つと言われているβアミロイドを抑制してくれます。

健康になるためには、良質な睡眠を7時間取るようにしましょう。

 

■ぐっすり眠るためのポイント

睡眠の質を上げるために最も重要なのは、正しい姿勢で眠ることです。

仰向けになって掛け布団を足の間に挟むような寝相はオススメしません。

ではどのような寝方が良いのでしょうか?

実は「仰向け・大の字」がイチオシでした。

ご長寿1,000人のアンケートでも最も多かった回答は医学的に理にかなっています。

手足を広げることで体の内部の「深部体温」を下げることができます。

すると、眠気が増してきて睡眠の質がアップする状態を持続できます。

「仰向け・大の字」の寝方は、体内の熱を効率よく放出するために都合が良いのです。

また、「仕事終わりの夕暮れ時に軽い運動」「起床後は太陽光を浴びる」「朝は手足を冷やす」「夜は寝る90分前に入浴」など、素晴らしい睡眠を得るポイントがあります。

どれもそれほど難しいことではないので、ぐっすり眠るためにもスグにでも実践してほしいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です