臭いおならは短命の危険?回数と臭いで健康状態が暴露

■おならの原因と臭い成分

おならの原因に関して解説します。

おならとなる比率として、70%が口から体のなかに入った空気、30%は腸内で細菌が食べ物を分解するときに発生したガスになります。

大半が血液中に吸収されて血管を通過して肺へ流れます。

これらは吐く息とともに体外へ排出されているのですが、残存したガスは肛門から放出されるというのが、おならになる過程です。

おならの回数や排出量が気になる話題です。

おならは腸内ガスとなりますが、その量は1日500ミリリットル〜2リットルほどです。
1日に10回〜20回に分散して体外に放出されるそうです。

自覚症状がないかもしれませんが、それほど回数が多いとはビックリする方も多いでしょう。

人間が無意識なときに何気なくおならを排出していることあると理解しがたいかもしれません。

睡眠中にもおならをしていると思われます。
つまり、意識がはっきりしているときにおならをしている回数が1日20回以上の人は、腸内環境が悪化していたり健康状態に問題があるかもしれません。

胃腸は副交感神経によってコントロールされています。

そのため、胃腸炎や便秘、下痢と同様におならにも体の不調が影響していると考えられています。

おならの回数が頻繁だったり、下腹がぽっこり膨れているほど腸内腐敗が人工的している可能性が高いです。

多くの場合、ストレスが原因の可能性もあるそうです。

 

■ガス溜まらない方法

おならは臭いというイメージがありますが、健康だと腸内ガスは99%が無臭の成分です。

クサイのは1%の成分だけが臭いの原因だそうです。

硫化水素、酪酸、アンモニア、スカトールなど、わずか1%に含まれるこれらのくさい成分は1%だけと言われています。

おならがクサイ方は腸内環境が悪化していて、善玉菌よりも悪玉菌が大量発生しています。

腸内の老廃物が腐敗したり、滞留便となるほど長い時間も腸壁にへばりついていると、最終的に宿便となります。

におい以上に怖い状態です。

悪玉菌を増殖さない方法のひとつとして、乳酸菌の摂取が効果的です。

腸内環境の改善が期待できるので、おならの原因改善に役立つでしょう。

また、ガスをたまりにくくするにはよく噛んで食べましょう。

食事のスピードが速い人は料理と一緒に空気も飲み込むでしまい、この空気がガスとして溜まりやすいです。

さらに適度な運動も効き目あります。

ジョギングなどの有酸素運動を継続していると、新陳代謝の活性化によって腸内の蠕動運動が良くなります。

また、腹筋が身につくと大腸が適正な位置に移動してガス排出しやすくなります。

最近オナラしても臭くない!という方の中には、飲んでるサプリの効果を実感しているようです。

腸内環境を改善するにはいい事なんだと思います。

臭い時は 肉ばっかり食べてる時なので 、最近は焼肉のときは肉以上に石切駅して野菜を食べて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です