監視員が駐車禁止違反を取り締まる控える場所

路上駐車しているとき、駐車禁止チケットは、貼られたり貼られなかったり様々なです。

駐車監視員がマニュアル通りに取り締まりしているのか理解しにくいです。

駐車監視員の仕事に密着取材しているとその理由が分かってきました。

監視員が駐車禁止を発見しても見逃すケースはどのような場所なのか検証します。

 

■駐車禁止違反のタイミング

都内の某所で出動前の駐車監視員が軽自動車を発見しました。

「放置車両確認巡回中」のマグネットシートを両サイドとリアに貼り付けます。

監視員が郊外の駐車違反取り締まり重点地域を巡回車で監査する郊外をチェックしてみました。

巡回車が駅ロータリーに到着するとどうような仕事をしているか気になります。

混雑状況が絶え間ない一方通行路にドライバーがいない路上駐車しているクルマも多いです。

それなのに巡回車は駐車違反の取り締まりをしないで通過してしまったのは謎です。

その理由として、商店街のような小規模の店舗が立ち並ぶ場所ですと、

監視員の動きが店内から丸見えなので、駐車禁止チケットを貼ろうとしても逃走されやすいからです。

実は駐車禁止違反が成立する条件は、チケット印刷して車両フロントガラスに貼ったタイミングとなります。

 

■駐車禁止の取り締まりしない?

本来ならば、禁止区域に駐車したら即違反でも構わないはずです。

待つ必要あるのでしょうか?

その一方で、郊外型のホームセンターやレンタルビデオ店など大型店舗の場合、店外の様子が見えにくいです。

そのため、ドライバーも駐車禁止の取り締まりを認識できないので貼られやすいそうです。

駐車禁止の取り締まり手順は、確認から印刷までは3~5分が規定の時間です。

他にも、明らかな駐車禁止でありながらスルーするケースも多々ありました。

キャバクラなどの送迎車など、ロータリー直近の路上駐車でもチェックしないケースが多いです。

配送トラック、配送車を取り締まらないで欲しいです。

混んでいる狭い一方通行道路でも駐禁取り締まりはしないようです。

商店街の地元の凄みが強くて取り締まりを控えるように内々に働きかけている地域もあるといいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です